チシマゼキショウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チシマゼキショウ属
Tofieldia coccinea 3.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: チシマゼキショウ属 Tofieldia
学名
Tofieldia Hudson
  • 本文参照

チシマゼキショウ属(チシマゼキショウぞく、Tofieldia )はユリ目ユリ科の一つ。新しいAPG植物分類体系ではオモダカ目チシマゼキショウ科に分類されている。

特徴[編集]

小形の多年草。基部のは袴状になって互生し、葉の中脈に沿って内側に折れ、葉の裏側が外側に現れる。形は剣状線形でアヤメに似る。は花茎の上に総状または穂状につく。花被片は6個で、形は線状長楕円形または長楕円形、色は白色または淡紫色。雄蕊は6個、雌蕊の花柱は3個ある。

北半球の温帯-亜寒帯に20種ほど、日本には4種知られている。

日本の種[編集]

  • イワショウブ Tofieldia glutinosa (Michx.) Pers. subsp. japonica (Miq.) T.Shimizu
  • チシマゼキショウ Tofieldia coccinea Richards. var. coccinea
    • チャボゼキショウ(アポイゼキショウ)Tofieldia coccinea Richards. var. kondoi (Miyabe et Kudô) H.Hara
    • ゲイビゼキショウ Tofieldia coccinea Richards. var. geibiensis (M.Kikuchi) H.Hara
    • アッカゼキショウ Tofieldia coccinea Richards. var. akkana (T.Shimizu) T.Shimizu
    • ハコネハナゼキショウ(ミヤマゼキショウ) Tofieldia coccinea Richards. var. gracilis (Franch. et Sav.) T.Shimizu
  • ヒメイワショウブ Tofieldia okuboi Makino
  • ハナゼキショウ Tofieldia nuda Maxim. var. nuda
    • ヤシュウハナゼキショウ Tofieldia nuda Maxim. var. furusei Hiyama
    • ヒゼンハナゼキショウ Tofieldia nuda Maxim. var. hizenensis T.Yamaz.
    • ヤクシマチャボゼキショウ Tofieldia nuda Maxim. var. yoshiiana (Makino) T.Yamaz.

ギャラリー[編集]

イワショウブ
花茎の高さ、20-40cm。 
チシマゼキショウ
花茎の高さ、5-15cm。 
ヒメイワショウブ
花茎の高さ、6-17cm。 

参考文献[編集]