チシマギキョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チシマギキョウ
Campanula chamissonis 01.jpg
南アルプス北岳 (2007年8月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キキョウ目 Campanulales
: キキョウ科 Campanulaceae
: ホタルブクロ属 Campanula
: チシマギキョウ C. chamissonis
学名
Campanula chamissonis
和名
チシマギキョウ(千島桔梗)

チシマギキョウ(千島桔梗)はキキョウ科ホタルブクロ属に属す多年草である。

北海道本州中部地方以北の高山帯の岩場や砂礫地に分布する。花期は7~8月。花の色は青紫色、大きさは4cmほどで縁に白い毛が生えている。

よく似た種にイワギキョウがある。本種と異なり花弁に毛が生えていない点、萼片が三角形をしている点などから区別できる。

八ヶ岳の岩稜地帯に咲くチシマギキョウ
(2010年8月・権現岳
チシマギキョウの花 イワギキョウの花
チシマギキョウの花
イワギキョウの花


関連項目[編集]

外部リンク[編集]