チグリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チグリン酸
構造式
IUPAC名 (E)-2-メチルブタ-2-エン酸
分子式 C5H8O2
分子量 100.12
CAS登録番号 [80-59-1]
密度 0.969 g/cm3, 固体 (25 °C)
融点 63.5 °C
沸点 199 °C
95–96 °C/12 mmHg
出典 NIST
Merck index 13: 9510.

チグリン酸(チグリンさん)は不飽和カルボン酸の一種で、ヘミテルペンに分類される天然由来の化合物である。ハズ油(クロトン油)などに含まれる。オサムシ科の甲虫の防御用分泌物からも発見されている[1]

性質[編集]

カルボキシル基に隣接する位置に炭素炭素二重結合を持ち、アンゲリカ酸とはシス・トランス異性体の関係にある。甘く暖かい感じのぴりっとした香りを持つ。香料香水に使われる。

毒性[編集]

皮膚や目を刺激する。吸入すると呼吸器系に炎症を起こす原因となる。アメリカ合衆国では有害物質規制法 (Toxic Substances Control Act) のリストに記載されている。

歴史[編集]

1819年、ピエール・ジョセフ・ペルティエ (Pierre-Joseph Pelletier) とジョセフ・ベイネミ・カヴァントゥー (Joseph-Bienaime Caventou) は、メキシコのメランチウム科の植物の一種 Schoenocaulon officinalis の種子から、昇華性を持つ結晶を単離した。その植物はセバジラ (cevadilla) あるいはサバジラ (sabadilla) とも呼ばれたことから、この物質はセバジラ酸(サバジラ酸)と名づけられた。その後、エドワード・フランクランドらによって1865年に合成されたメチルクロトン酸と同等であることが示された。1870年、ゴイター (Geuther) とフレーリッヒ (Fröhlich) はハズ油から酸性物質を取り出し、原料となった植物 Croton tiglium からチグリン酸 (tiglic acid) と名づけた。こちらについても1878年にメチルクロトン酸と同じであることが示されている[2]

サバジラ (sabadilla) は、花粉症の治療に使用されている。

参考文献[編集]

  1. ^ Attygalle, A. B.; Wu, X.; Will, K. W. (2007). "Biosynthesis of tiglic, ethacrylic, and 2-methylbutyric acids in a carabid beetle, Pterostichus (Hypherpes) californicus". J. Chem. Ecol. 33: 963–970. doi:10.1007/s10886-007-9276-3. PMID 17404818.
  2. ^ Lloyd, J. U. (1898). "Croton tiglium". Lloyd Brothers plant drug pamphlets, Lloyd Brothers Pharmacy: Cincinnati.

関連項目[編集]