チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チキンとプラム
〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜
Poulet aux prunes
監督 マルジャン・サトラピ
ヴァンサン・パロノー
脚本 マルジャン・サトラピ
ヴァンサン・パロノー
原作 マルジャン・サトラピ
『鶏のプラム煮』
製作 ヘンガメ・パナヒ
ナレーター エドゥアール・ベール
出演者 マチュー・アマルリック
マリア・デ・メデイロス
ゴルシフテ・ファラハニ
音楽 オリヴィエ・ベルネ
撮影 クリストフ・ボーカルヌフランス語版
編集 ステファヌ・ローシュ
製作会社 Celluloid Dreams
The Manipulators
uFilm
Studio 37
Le Pacte
Lorette Production
Film(s)
arte France Cinéma
ZDF/Arte
配給 フランスの旗 Le Pacte
ベルギーの旗 Cinéart
ドイツの旗 Prokino Filmverleih
日本の旗 ギャガ
公開 フランスの旗 2011年10月26日
ベルギーの旗 2011年11月16日
ドイツの旗 2012年1月5日
日本の旗 2012年11月10日
上映時間 92分
製作国 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
ベルギーの旗 ベルギー
言語 フランス語
英語
製作費 €12,000,000[1]
興行収入 $1,428,291[2]
テンプレートを表示

チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜』(チキンとプラムあるバイオリンひきさいごのゆめ、Poulet aux prunes)は2011年フランスドイツベルギー合作のファンタジー映画イラン出身の女性マルチ・アーティストであるマルジャン・サトラピが自身のコミック『鶏のプラム煮』をヴァンサン・パロノーと共同で監督し、実写映画化した作品である[3]。サトラピ監督にとっては初の実写映画作品である[4]

日本では2011年10月に第24回東京国際映画祭において『チキンとプラム』のタイトルで上映された[5]後、2012年11月10日より『チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜』のタイトルで一般劇場公開された。

原作のタイトルにもなっている「鶏のプラム煮」は主人公の好物であり、主人公に死ぬのを諦めさせようと妻が料理するエピソードがある。

ストーリー[編集]

死を決めたバイオリニストの男の最期の8日間を、時系列を複雑に交差させながら、死の天使アズラエルの視点から描く。

1958年テヘランで、著名なバイオリニストであるナセル・アリ・カーンは、命よりも大切なバイオリンを妻ファランギースに壊されてしまう。代わりとなるバイオリンを手に入れようと必死になるナセル・アリだったが、それが不可能だと悟ると、絶望から死を選ぶことにする。食事を拒否して部屋にこもる彼は、娘リリと息子キュロスの将来に思いを巡らすとともに、これまでの人生を振り返る。中でも彼の心に深く刻まれているのは叶うことのなかったイラーヌとの恋だった。

当時、まだ無名の若き音楽家だったナセル・アリは、イラーヌとの結婚を彼女の父親に強硬に反対され、2人の仲は引き裂かれる。しかし、この辛い経験を経て覚醒したナセル・アリは音楽家として成功を収める。その後、イラーヌは別の相手と結婚して家庭を築く。一方、ナセル・アリは母パルヴィーンの強い勧めで数学教師のファランギースと結婚するが、彼女を愛することはなかった。そんなナセル・アリとファランギースの夫婦関係は破綻していたが、実はファランギースは幼い頃からナセル・アリを一途に愛し続けていたのだ。彼女がナセル・アリのバイオリンを壊したのは、家庭を顧みず、自分を全く愛そうとしないナセル・アリへの怒りが爆発してのことだった。しかし彼女が壊したバイオリンは、ナセル・アリがイラーヌとの恋に破れ、芸術家として覚醒した際に師匠から授かった貴重なバイオリンであり、それを奏でることでイラーヌの存在を身近に感じることが出来たのだ。

代わりとなるバイオリンを求めて街に出たナセル・アリは孫を連れたイラーヌと偶然に再会する。イラーヌは彼のことを全く覚えていないと冷たく言い放ち、その場を後にするが、実は今でもナセル・アリを愛し続けていたイラーヌは、思わぬ再会に密かに涙する。

こうして死を選んだナセル・アリの葬儀をイラーヌは離れた場所からひっそりと見守る。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Poulet aux Prunes - film 2011” (フランス語). AlloCiné. 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ Chicken with Plums (2012)” (英語). Box Office Mojo. 2013年11月21日閲覧。
  3. ^ チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~”. WOWOW. 2013年11月21日閲覧。
  4. ^ チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~”. allcinema. 2013年11月21日閲覧。
  5. ^ チキンとプラム”. 第24回東京国際映画祭. 2013年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]