チオラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アセチルCoAアセチルトランスフェラーゼ1 (アセトアセチルCoAチオラーゼ)
識別子
略号 ACAT1
遺伝子コード ACAT
Entrez 38
HUGO 93
OMIM 607809
RefSeq NM_000019
UniProt P24752
他のデータ
EC番号 2.3.1.9
遺伝子座 Chr. 11 q22.3-23.1
アセチルCoAアセチルトランスフェラーゼ2 (アセトアセチルCoAチオラーゼ)
識別子
略号 ACAT2
Entrez 39
HUGO 94
OMIM 100678
RefSeq NM_005891
UniProt Q9BWD1
他のデータ
EC番号 2.3.1.9
遺伝子座 Chr. 6 q25.3-q26

チオラーゼ (Thiolase) は、別名をアセチルCoAアセチルトランスフェラーゼ(Acetyl-Coenzyme A acetyltransferase)、アセトアセチルCoAチオラーゼアセチルCoA C-アセチルトランスフェラーゼという酵素で、EC番号2.3.1.9。アセチルCoA二分子からアセトアセチルCoA二分子と補酵素Aを生成する反応を触媒する、メバロン酸経路の酵素の一つ。ヒトの場合第6染色体のq25.3-q26に存在するACAT2及び第11染色体のq22.3-23.1に存在するACAT1が知られる。