チオモルホリンカルボン酸デヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チオモルホリンカルボン酸デヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.5.1.25
CAS登録番号 115232-54-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

チオモルホリンカルボン酸デヒドロゲナーゼ(thiomorpholine-carboxylate dehydrogenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

チオモルホリン-3-カルボン酸 + NAD(P)+ \rightleftharpoons 3,4-デヒドロチオモリホリン-3-カルボン酸 + NAD(P)H + H+

反応式の通り、この酵素の基質チオモルホリン-3-カルボン酸NAD+(またはNADP+)とH2O、生成物は3,4-デヒドロチオモリホリン-3-カルボン酸とNADH(またはNADPH)とH+である。

組織名はthiomorpholine-3-carboxylate:NAD(P)+ 5,6-oxidoreductaseで、別名にketimine reductaseがある。

参考文献[編集]