チオグリコール酸アンモニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チオグリコール酸アンモニウム
識別情報
CAS登録番号 5421-46-5
ChemSpider 20239
特性
化学式 NH4+HSCH2COO
モル質量 109.15 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チオグリコール酸アンモニウム(チオグリコールさんアンモニウム、ATG)とは、チオグリコール酸アンモニア水中和したもので、チオグリコール酸の塩類の一つで、チオグリコール酸単品と比べると危険性が少なく、安定したパーマ液、洗浄剤である。

概要[編集]

ケラチン蛋白質に含まれるシスチンジスルフィド結合を還元することによってメルカプト基として切断し、その結果蛋白質を分解する。
パーマで使用される還元剤の中では、ウェーブ効率がかなりよいとされる還元剤である。その中でも、パーマ液には還元剤以外にもアルカリ剤が一緒に含まれているので、ウェーブ効率は還元剤の濃度やアルカリ剤の種類によっても変わってくる。高pH高アルカリの強い効果のある薬剤が作れる。

アンモニアの揮発性が高いため、1剤放置中に時間の経過によってpHが低下するため、過剰反応がおきにくいが、アンモニアの揮発性のため刺激臭がする。

ウェーブパーマ縮毛矯正など、強い還元が必要な際によく使用される。陥入爪の治療薬として治験が進められている。[1]

また自動車のホイールなどの粉除去剤としても用いられる。 鉄粉の付着原因となっているの部分を還元反応で溶かすことによって鉄粉を分離させる。ブレーキダストは紫色に変色するため、洗浄の目安となる。


参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr.cgi?function=brows&action=brows&type=summary&recptno=R000014861&language=J

関連項目[編集]