チェロ協奏曲第9番 (ボッケリーニ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェロ協奏曲第9番 変ロ長調 G.482は、ルイジ・ボッケリーニが作曲したチェロ協奏曲。ボッケリーニのチェロ協奏曲の中でも広く知られている作品である。

概要[編集]

ボッケリーニはチェロ協奏曲を13曲残している(番号付きは12曲、そのうち1曲は番号なしで偽作)。チェロ協奏曲第9番は1770年頃か1785年頃に作曲されたとみられているが、未だに不明である。また第9番は1895年ドイツチェリストフリードリヒ・W・グリュッツマッハーが校訂・編曲し、校訂版が出てから広く知られるようになった。最も20世紀に半ばに行なわれたボッケリーニの自筆譜検証によって、第9番は異なる作品の楽章や断片を用いた「グリュッツマッハーの編曲作品」と認定された。編曲が巧みなため、特に「グリュッツマッハー編」と併記され、ボッケリーニの作品の中で最も演奏頻度の多い作品となっている。またチェロ協奏曲第7番もグリュッツマッハーが編曲し、第9番とともに広く知られている。

また第9番は2種類の版があり、従来の版では第2楽章が他の協奏曲の転用だったが、1948年に原譜が発見されて以来、今日では原譜に従って演奏されることが多い。

構成[編集]

全3楽章の構成で演奏時間は約20分。

第1楽章 アレグロ・モデラート 変ロ長調 ソナタ形式
管弦楽による短い主題の前奏に続いてチェロのソロが第1主題を提示し、次いでヘ長調の第2主題が現れる。
第2楽章
グリュッツマッハー版:アダージョ・ノン・トロッポ ト短調
この楽章はチェロ協奏曲第7番の第2楽章を転用している。情感豊かな平穏な主題が現れ、展開して最後は静かな終わりを迎える。
原譜:アンダンテ・グラチオーソ 変ホ長調
第3楽章 ロンド(アレグロ) 変ロ長調
ロンド形式。歯切れの良い軽快なリズムの主題を中心に、チェロの多彩な技巧を駆使して華やかなフィナーレが築かれる。