チェロキー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェロキー語

ᏣᎳᎩ ᎦᏬᏂᎯᏍᏗ

(Tsalagi Gawonihisdi)
話される国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
地域 オクラホマ州ノースカロライナ州
話者数 12,000人 ~ 22,000人(2007年) [1][2]
言語系統
表記体系 チェロキー文字ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 chr
ISO 639-3 chr
Cherokee language spread in the United States.
テンプレートを表示
チェロキー語の元来の分布

チェロキー語Tsalagi)はチェロキー族の言語でイロコイ語族に属す。2007年現在[1]でも話されている唯一の南部イロコイ諸語である。文字は独特の音節文字チェロキー文字)を用いる。

正書法[編集]

シクウォイアによって発明された85文字のチェロキー文字で書かれている。ラテン文字に似ているものもあるが、音値は完全に異なる。シクウォイアは、英字ヘブライ文字ギリシア文字の存在を知っていたが、それらを読み取ることができなかったためである。[3]

ほかにも、より正確に音値を表現できるラテン文字表記も使われる。[4]

Description[編集]

文字はそれぞれ、日本仮名や青銅器時代のギリシアで使われた線文字Bのように1音節を表す。最初の6文字は、母音の音節を表す。組み合わせた子音と母音音節のための文字がその後に従う。左横書きで、行は上から進める。

下記の表とそのラテン文字表記は、サミュエル·ウースター牧師によって編纂されたものをもとにしている。サミュエル・ウースターとは、1828年から、1859年に亡くなるまで、チェロキー語印刷の発展に重要な役割を果たした人物である。

あ行 え行 い行 お行 う行 v(鼻母音)
a(あ)   e(え)   i(い)   o(お) u(う) v(ゔ)
ga(が) ka(か)   ge(げ)   gi(ぎ)   go(ご) gu(ぐ) gv
ha(は)   he(へ)   hi(ひ)   ho(ほ) hu(ふ) hv
la(ら)   le(れ)   li(り)   lo(ろ) lu(る) lv
ma(ま)   me(め)   mi(み)   mo(も) mu(む)  
na(な) hna nah ne(ね)   ni(に)   no(の) nu(ぬ) nv
qua   que   qui   quo quu quv
s sa(さ)   se(せ)   si(し)   so(そ) su(す) sv
da(だ) ta(た)   de(で) te(て) di(でぃ) ti (てぃ) do (ど) du (どぅ) dv
dla tla   tle   tli   tlo tlu tlv
tsa(つぁ)   tse(つぇ)   tsi(つぃ)   tso(つぉ) tsu(つ) tsv
wa(わ)   we(うぇ)   wi(うぃ)   wo(を) wu(う) wv
ya(や)   ye(いぇ)   yi(い)   yo(よ) yu(ゆ) yv

脚注[編集]

  1. ^ a b Ethnologue:Cherokee
  2. ^ Indigenous Languages Spoken in the United States
  3. ^ Feeling, "Dictionary" xvii
  4. ^ Feeling et al., "Verb" pp. 1–2

外部リンク[編集]