チェルフォード鉄道事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェルフォード鉄道事故
詳細
発生日 1894年12月22日
発生時刻 16:44
現場 チェシャーチェルフォード駅英語版
イングランドの旗 イングランド
路線 ロンドン・アンド・ノース・ウェスタン鉄道英語版
原因 風が線路上の貨車に吹きつけたため
統計
被害列車数 2本
死者 14人
負傷者 48人

チェルフォード鉄道事故英語: Chelford rail accident)とは、1894年12月22日チェルフォード駅英語版で発生した鉄道事故である[1]

事故の経過[編集]

チェルフォード駅の駅長の監督のもと、強風と急速に薄れゆく日差しの中で高側無蓋車 (high-sided wagon) を側線へ突放入換する作業が行われていた。別の6両の貨車が隣接する線路を走行しているとき、駅長の見ている前で、高側無蓋車が吹き付ける風により側線から外れてその6両の貨車に衝突した。マンチェスター16時15分発クルー行き急行列車(LNWRウォータールー型蒸気機関車英語版(軸配置2-4-0英語版)418号機ZygiaおよびLNWRウェッブ・エクスペリメント型蒸気機関車英語版518号機Expressによる重連運転)が接近中に暴走列車が本線をふさぐように脱線し、衝突事故が発生した[2]。駅長は旅客列車へ向かって赤いランプを振りながら走ったが、運転士は彼は入換機関車に合図していると思い減速しなかった。Zygiaは脱線し横倒しになり炭水車はプラットフォーム端の斜路を駆け上がった。Expressは直立していたが1両目の客車が信号扱所の正面を破壊した。合計で14人が死亡し48人が負傷した。

この事故は特異な事故だったと見られることから、調査報告書ではほとんど論評が行われなかったが、今後入換した貨車はすべて入換後すぐにブレーキをピンで固定することが勧告された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Marindin, Major F.A. (18 January 1895) (PDF). BOT Accident Report Chelford 1894. London: Board of Trade英語版. http://www.railwaysarchive.co.uk/documents/BoT_Chelford1894.pdf 2013年3月6日閲覧。. 
  2. ^ Manchester Ship Canal Archive Photographs”. 2012年6月20日閲覧。[要高次出典]

出典[編集]

座標: 北緯53度16分19秒 西経2度16分42秒 / 北緯53.27198度 西経2.27834度 / 53.27198; -2.27834