チェット・ブルックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェット・ブルックス

Chet Brooks  No. 31

セイフティ
生年月日:1966年1月1日(48歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ミッドランド
身長:5' 11" =約180.3cm 体重:191 lb =約86.6kg
NFLデビュー
1988年サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
経歴
大学テキサス農工大学
NFLドラフト1988年 / 11巡目(全体の303番目)
 所属チーム:
通算成績
(1990年までの成績)
インターセプト     3回
QBサック     1回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

チェット・ブルックス(Chet Brooks 1966年1月1日- )はテキサス州ミッドランド出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはストロングセイフティ。大学時代彼は、"Wrecking Crew"と呼ばれた[1]

経歴[編集]

高校時代、スポーツと学業で優れた彼は、テキサス農工大学から奨学金のオファーを受けて進学、ディフェンスバックとしてプレーした。1984年にはアカデミックのオールアメリカンに選出されている。3年次、4年次の1986年、1987年にはチームキャプテンを務め、サウスウェスト・カンファレンスのオールチームに選ばれた。また彼の在学中、チームは1985年、1987年にコットンボウルで勝利している[2]

1988年のNFLNFLドラフト11巡でサンフランシスコ・フォーティナイナーズに指名された。この年彼はニッケルディフェンスでのセイフティとして起用され10試合に出場したが、ひざの負傷により故障者リスト入りして、シーズン最後の6試合及びプレーオフには出場できなかった。1989年、負傷したジェフ・フラーに代わり先発の座を獲得、チーム3位の76タックル、3インターセプトをあげた。プレーオフでも10タックル、2インターセプトをあげ、チームは第24回スーパーボウルに進出し、スーパーボウルでも彼は先発出場し、インターセプトをあげた[3]。ナイナーズからこの年の Ed Block Courage Award に選ばれている[4]

スーパーボウル勝利後の、1990年、8月中旬になってもチームとの契約は合意に達しなかった[5]。この年8試合に出場、11月の試合が現役最後の試合となった[6]

ひざの怪我で1991年4月、現役生活を引退した[6]

人物[編集]

ハードヒッターとして知られた[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Gabe Bock (2013年9月24日). “Chet Brooks on Coining 'Wrecking Crew,' time in Aggieland”. テキサス農工大学. 2014年1月13日閲覧。
  2. ^ Staff”. air14football.com. 2014年1月13日閲覧。
  3. ^ 636 - Chet Brooks - San Francisco 49ers”. 1990 PROSET. 2014年1月13日閲覧。
  4. ^ The Ed Block Courage Award”. サンフランシスコ・フォーティナイナーズ. 2014年1月13日閲覧。
  5. ^ 49ers Seek Another Source of Motivation”. ロサンゼルス・タイムズ (1990年8月16日). 2014年1月13日閲覧。
  6. ^ a b Jeff Jardine (1991年4月25日). “49ers' Brooks, 25, has shoulder to lean on, but knees are shot”. ボルチモア・サン. 2014年1月13日閲覧。
  7. ^ Ira Miller (1995年1月27日). “An Update on Some 49ers Past Heroes / Different paths from Super Bowls”. サンフランシスコ・クロニクル. 2014年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]