チェズレイ・サレンバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェズレイ・サレンバーガー三世

チェズレイ・サレンバーガー三世(Chesley Burnett "Sully" Sullenberger III、1951年1月23日 - )はアメリカ合衆国の元民間航空パイロット。 乗客乗員155人が乗ったUSエアウェイズ旅客機が両エンジン停止状態に陥った際、冷静な判断でハドソン川への不時着水を成功させた機長として知られている。

来歴[編集]

コロラド州の空軍士官学校を首席で卒業後、パデュー大学で産業心理学の修士号及び北コロラド大学行政学の修士号を取得した。1973年アメリカ空軍に入隊し、1980年に退役。最終階級は空軍大尉。同年、USエアウェイズに入社。非常事態に対応するため心理学を学んだ。

「ハドソン川の奇跡」[編集]

2009年1月15日、サレンバーガーはニューヨーク発シャーロット経由シアトル行きのUSエアウェイズ1549便で機長を務めていたが、同便は離陸直後にバードストライクによる両エンジン停止という事態に陥った。サレンバーガーはこの状況に対し、ハドソン川に不時着水するという選択を採った。着水時に機体の破損がなかったことに加え着水後の迅速な救助活動もあり、乗客乗員全員が無事脱出に成功し、犠牲者は1人も出なかった。着水に失敗した場合、機体が真っ二つに破断する可能性もあったことから、この事故は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、サレンバーガーの冷静な判断と操縦技術が高く賞賛されることとなった[1]

2009年1月16日、オバマ次期米大統領はサレンバーガーと電話で話し、「英雄的で立派な仕事ぶりを誰もが誇りに思っている」と称えた。サレンバーガーはオバマ大統領の就任式にも招待されることになった。 就任式の前夜、サレンバーガーは、レストラン「ハドソン」でフライドチキン(不時着水事故の原因であるバードストライクでは、ジェットエンジン内部で鳥は丸焼けとなる)によるディナーを摂った。

2009年3月20日、出版社ウィリアム・モローによりサレンバーガーが2冊の自叙伝を執筆することが発表された[2]

2009年10月1日、サレンバーガーは事故を起こしたUSエアウェイズ1549便と同じ路線で、操縦士として復帰した。副操縦士は事故当日と同じくジェフリー・スカイルズが担当し、不時着水と言う結果に終わった飛行を完遂させた[3]

2010年3月3日、サレンバーガーはこの日のフライトを最後にパイロットを引退した[4]

語録[編集]

訓練してきたことをやっただけ。自慢も感動もない。
急いでやらなくてはならないことの一つは、妻に電話して今日は夕飯はいらないと断ることだ

著書[編集]

機長、究極の決断 十亀洋静山社文庫 ISBN 978-4863890916(翻訳版)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ハドソン川の奇跡」の交信記録公開、機長は終始冷静”. AFP (2009年2月6日). 2009年10月10日閲覧。
  2. ^ 「ハドソン川に不時着」のUSエア機長、自伝出版へ”. ロイター (2009年3月22日). 2009年10月10日閲覧。
  3. ^ 「ハドソン川の奇跡」機長、事故後初めて同じ路線に復帰”. CNN (2009年10月2日). 2009年10月10日閲覧。
  4. ^ 'Miracle on the Hudson' pilot retiring” (英語). The Associated Press (2010年3月3日). 2010年3月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]