チェシュメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェシュメ
Çeşme
トルコの旗
Turkish.town.cesme.jpg
位置
イズミル県の地図(チェシュメは左側のオレンジ部分)の位置図
イズミル県の地図(チェシュメは左側のオレンジ部分)
座標 : 北緯38度19分 東経26度18分 / 北緯38.317度 東経26.300度 / 38.317; 26.300
行政
トルコの旗 トルコ
 地方 エーゲ海地方
  イズミル県
 町 チェシュメ
地理
面積  
  町域 260km2(100.4mi2
標高 0-5m(0-16ft
人口
人口 (2006年現在)
  町域 40,700人
    人口密度   157人/km2(406.6人/mi2
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間UTC+2
夏時間 東ヨーロッパ夏時間UTC+3
郵便番号 35x xx
市外局番 0232
ナンバープレート 35
公式ウェブサイト : www.cesme-bld.gov.tr

チェシュメÇeşme)またはチェシメは、トルコエーゲ海地方イズミル県にある町である。県都のイズミルより西へ85kmの距離にあり、カラブラン半島 (en:Karaburun Peninsula) から更に突き出たチェシュメ半島に位置する。チェシュメ (Çeşme) とは「噴水」の意味であり、オスマン帝国時代の噴水が町中で多く見られる。

歴史[編集]

チェシュメの町は、キオス島を統治していたジェノヴァ共和国と、オスマン帝国に追い払われる形でアナトリアを支配していたアイドゥン侯国の間で暫定協定が結ばれた14世紀に黄金期を迎えた。ヨーロッパとアジアの貿易が、オスマン帝国の領土からわずか数時間の距離のチェシュメを経由して行われていた。チェシュメはオスマンの属国であったが、1470年を過ぎるまで自治を維持していた。1566年にキオス島がピヤレ・パシャ (en:Piyale Pasha) の率いるオスマン帝国軍に占領され、キオス島とチェシュメは帝国領となった。その後、外国人商人たちの好みにより、貿易拠点はチェシュメから徐々にイズミルにシフトしていった。その時までイズミルは、東方からのキャラバン隊が通過するだけの町であった。今日のようなイズミルの発展は、17世紀を過ぎた頃から顕著になる。1770年、チェシュメは露土戦争 (en:Russo-Turkish War (1768–1774)) におけるチェシュメの戦い (en:Battle of Chesma) の舞台となった。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]