ダーバヴィル家のテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダーバヴィル家のテス』(ダーバヴィルけのテス、Tess of the d'Urbervilles)は、トーマス・ハーディの小説。1891年出版。日本語訳は『テス』の題名でしばしば出版されている。

あらすじ[編集]

19世紀末のイングランドドーセット地方のマーロット村。ひょんなことから歴史に名高い家系の末裔だと聞いた父親ダービーフィールドは、娘のテスをダーバヴィル家へ奉公に出した。しかしテスはダーバヴィル家のアレックに犯されて妊娠、子供を産んで埋葬する。テスはアレックに捨てられて八年間乳しぼりなどをしているが、牧師の息子エンジェル・クレアと恋仲になる。クレアが自分の過ちを告白したので、テスも過去をうちあけると、クレアは失望してブラジルへ去る。

テスは再びアレックにだまされて身をまかせるうち、クレアが帰国し、テスは思い余ってアレックを殺す。テスは死刑になる。

登場人物[編集]

  • テス・ダービフィールド(Tess Durbeyfield)
  • エンジェル・クレア(Angel Clare)
  • アレク・ストーク=ダーバヴィル(Alec Stoke-d'Urberville)
  • ジャック・ダービフィールド(サー・ジョン・ダーバヴィル)(Jack Durbeyfield (Sir John d'Urberville))
  • ジョーン・ダービフィールド(Joan Durbeyfield)

日本語訳書[編集]

  • テス 運命小説(山田行潦 (直) 訳 文盛堂 1912年)
  • テス(世界名作大観 平田禿木訳 国民文庫刊行会 1925年-1927年)
  • テス(宮島新三郎訳 世界文学全集 第29巻 新潮社 1929年)
  • テス(広津和郎訳 世界大衆文学全集 第41巻 改造社 1930年)
  • テス 純潔な女性(竹内道之助訳 三笠書房 1951年)
  • テス(石川欣一訳 河出文庫 1955年)
  • テス(山内義雄訳 角川文庫 1957年)
  • テス(井上宗次石田英二訳 岩波文庫 1960年)
  • ダーバァヴィル家のテス(大沢衛訳「世界文学大系 第40 (サッカレー、ハーディ)」筑摩書房 1961年)
  • テス(中村佐喜子訳 旺文社文庫 1969年)
  • ダーバヴィル家のテス-清純な女(井出弘之訳「世界文学全集 56 (ハーディ)」集英社 1980年 のちちくま文庫)
  • ダーバビル家のテス(小林清一訳 千城 1989年)
  • テス(田中晏男訳 京都修学社 2005年)
  • ダーバヴィル家のテス(高桑美子訳『トマス・ハーディ全集 12』大阪教育図書 2011年)

舞台・映像化[編集]

外部リンク[編集]