ダヴィッド・ルエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダヴィッド・ルエール

ダヴィッド・ピエール・リュエール(David Pierre Ruelle、1935年8月20日 - )は、ベルギー系フランス人の数理物理学者。ベルギーのヘント生まれ。

専門分野は統計力学および力学系。オランダのFloris Takensと共同でストレンジ・アトラクタstrange attractor)という用語を提唱し、乱流に関する新理論を打ち立てた。

経歴[編集]

Université Libre de Bruxelles(ベルギー自由大学)で学び、1959年に博士号を取得。1960年から1962年の2年間はチューリッヒ工科大学へ留学。1962年から1964年の2年間はアメリカのプリンストン高等研究所へ。1964年にIHÉS(フランス高等科学研究所)の教授となった。2000年以降はIHÉSの名誉教授の地位にあり、またラトガース大学の客員教授でもある。

著書[編集]

  • (1969) Statistical Mechanics: Rigorous Results, World Scientific
  • (1978) Thermodynamic formalism : the mathematical structures of classical thermodynamic equilibrium|equilibrium statistical mechanics, Addison-Wesley. ISBN 0-201-13504-3.; (1984) Cambridge: University Press ISBN 0-521-30225-0. 2e (2004) Cambridge: University Press ISBN 0-521-54649-4
  • (1991) Chance and Chaos, Princeton University Press

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]