ダン・ブリッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダン・ブリッグス
Dan Lee Briggs
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州
生年月日 1952年11月18日(62歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1970年 MLBドラフト2巡目
初出場 MLB / 1975年9月10日
NPB / 1982年7月30日
最終出場 MLB / 1982年7月3日
NPB / 1983年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダン・ブリッグスDan Lee Briggs, 1952年11月18日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手外野手)。左投左打。

来歴・人物[編集]

1982年7月に不振のラリー・ハーローの後任として急遽獲得される。来日直後の活躍から4番を任されたが打順を意識しすぎ平凡な成績に終わる。しかし途中入団という事情を考慮され残留となった。

2年目となる1983年は6・7番を中心にフルシーズン出場を果たすが数字的に物足りず、阪急ブレーブスから巧打者のボビー・マルカーノを獲得したこともありこの年で退団となった。

1983年には神宮球場で行なわれた対横浜大洋ホエールズ戦で、大洋の二塁手の高木豊にランナーのブリッグスが激しいスライディングを与え乱闘騒ぎになった。先に手を出したのは高木だったがほぼ一方的に高木が殴られるようになり、2人とも退場処分になった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1975 CAL 13 34 31 3 7 1 0 1 11 3 0 2 1 0 2 0 0 6 0 .226 .273 .355 .628
1976 77 266 248 19 53 13 2 1 73 14 0 3 2 2 13 1 3 47 7 .214 .259 .294 .554
1977 59 83 74 6 12 2 0 1 17 4 0 0 0 1 8 0 1 14 3 .162 .250 .230 .480
1978 CLE 15 53 49 4 8 0 1 1 13 1 0 0 0 0 4 0 0 9 2 .163 .226 .265 .492
1979 SD 104 254 227 34 47 4 3 8 81 30 2 1 1 3 18 5 5 45 3 .207 .277 .357 .634
1981 MON 9 11 11 0 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 3 0 .091 .091 .091 .182
1982 CHC 48 50 48 1 6 0 0 0 6 1 0 0 1 0 0 1 0 9 1 .125 .125 .125 .250
ヤクルト 53 218 200 22 48 6 0 6 72 24 1 1 1 4 8 1 5 41 3 .240 .286 .360 .646
1983 123 406 381 40 102 24 1 12 164 44 2 2 1 2 13 1 9 72 5 .268 .308 .430 .738
MLB:7年 325 751 688 67 134 20 6 12 202 53 2 7 5 6 45 7 9 133 16 .195 .251 .294 .545
NPB:2年 176 624 581 62 150 30 1 18 236 68 3 3 2 6 21 2 14 113 8 .258 .300 .406 .707

記録[編集]

  • 初出場・初安打 1982年7月30日広島戦(広島) 5番中堅で先発、3打数1安打(投手・北別府学
  • 初打点 1982年8月4日阪神戦(神宮) 10回山本和行からサヨナラ適時打
  • 初本塁打 1982年8月6日広島戦(神宮) 1回津田恒美から右越2ラン

背番号[編集]

  • 38 (1975年 - 1976年)
  • 4 (1976年)
  • 21 (1977年)
  • 23 (1978年)
  • 24 (1979年)
  • 33 (1981年)
  • 11 (1982年)
  • 4 (1982年 - 1983年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]