ダン・フォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダン・フォード
Dan Ford
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日 1952年5月19日(62歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手 (右翼手中堅手)
プロ入り 1970年 ドラフト1巡目
(オークランド・アスレティックスから指名)
初出場 1975年4月12日
ミネソタ・ツインズ
(対カンザスシティ・ロイヤルズ戦)
最終出場 1985年5月31日
ボルティモア・オリオールズ
(対オークランド・アスレティックス戦)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダン・フォード (Darnell Glenn Ford :ダーネル・グレン・フォード、1952年5月19日 - ) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手 (MLB) である。1975年から1985年までMLBでプレイした。ニックネームは「ディスコ・ダン (Disco Dan) 」。

経歴[編集]

1970年6月4日オークランド・アスレティックスからドラフト1巡目 (全体18位) で指名を受け、プロ入りを果たした[1]。アスレティックスのマイナーでは、1972年打率.354・OPS1.105を記録、4年連続で2ケタ本塁打を放つ等の活躍を見せたが、メジャーに昇格出来ないまま、1974年10月23日ミネソタ・ツインズトレードで放出された[1]

ツインズ移籍1年目の1975年4月12日、対カンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャーデビューを果たした。デビュー戦ではライトの守備に入ったが、打席に入る機会はなかった[2]。だが、以後はコンスタントに出場機会を得て、メジャー1年目から130試合に出場した。打率.280・15本塁打・59打点・6盗塁という打撃成績を残した。守備面では、センターでの起用がメイン (119試合) であり、同ポジションで3失策守備率.988という成績を残した。

1976年は、ライトにコンバートされたが9失策・守備率.968という守備成績に終わり、ディフェンス面では精彩を欠いた。一方で打撃面では、打率こそ低下したものの20本塁打・86打点を記録し、中軸打者として成長した。また、17盗塁を決めて俊足を発揮した。1977年もライトのレギュラーで起用されたが、翌1978年にはセンターに再コンバートされた。シーズンオフの12月4日、トレードでツインズからカリフォルニア・エンゼルス (当時の球団名) に移籍した[1]

エンゼルス移籍1年目は、フォードにとってキャリア最高のシーズンとなった。8月10日の対シアトル・マリナーズ戦では二塁打を2本・三塁打と本塁打を1本ずつ放ち、サイクル安打を達成した[3]。レギュラーシーズンでは、いずれも自身初の100得点・100打点を記録し、シーズンオフのMVP投票では26位にランクインした[4]

1980年は65試合の出場に留まり、メジャーデビュー以来で初めて出場試合数が100未満となった。翌1981年も100試合に届かなかったが、2年ぶりの2ケタ本塁打となる15本塁打を放ち、通算100本塁打を達成した。シーズンオフの1982年1月28日、自身3度目となるトレードによりボルティモア・オリオールズに移籍した[1]

オリオールズではライトのレギュラーで起用され、123試合に出場したが、打率.235・10本塁打と不振に陥った。1983年は、本塁打が3年ぶりに2ケタに届かなかったが、打率と盗塁で自己2位となる数値 (打率は2位タイ) をマークするなど、一定の成績を見せた。守備面でも比較的安定しており、ライトを守った103試合で3失策・守備率.987という成績だった。同年オリオールズはワールド・シリーズまで駒を進め、フォードは第3戦でホームランを放った。チームはフィラデルフィア・フィリーズを下し、フォードは自身初のチャンピオン・リングを得た。

1984年以降は成績が低下の一途を辿り、1985年を最後にメジャーの舞台から離れた。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

ミネソタ・ツインズ
  • 15 (1975 - 1978)
カリフォルニア・エンゼルス
  • 15 (1979 - 1981)
ボルティモア・オリオールズ
  • 15 (1982 - 1985)

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1975 MIN 130 478 440 72 123 21 1 15 191 59 6 7 3 0 30 2 5 79 10 .280 .333 .434 .767
1976 145 571 514 87 137 24 7 20 235 86 17 6 5 6 36 2 10 118 12 .267 .323 .457 .781
1977 144 510 453 66 121 25 7 11 193 60 6 4 1 5 41 3 10 79 12 .267 .338 .426 .764
1978 151 654 592 78 162 36 10 11 251 82 7 7 6 3 48 6 5 88 15 .274 .332 .424 .756
1979 CAL 142 628 569 100 165 26 5 21 264 101 8 5 3 13 40 0 3 86 17 .290 .333 .464 .797
1980 65 249 226 22 63 11 0 7 95 26 0 1 1 1 19 1 2 45 15 .279 .339 .420 .759
1981 97 409 375 53 104 14 1 15 165 48 2 2 5 1 23 3 5 71 16 .277 .327 .440 .767
1982 BAL 123 453 421 46 99 21 3 10 156 43 5 2 2 3 23 1 4 71 9 .235 .279 .371 .650
1983 103 448 407 63 114 30 4 9 179 55 9 2 3 6 29 1 3 55 9 .280 .328 .440 .768
1984 25 100 91 7 21 4 0 1 28 5 1 0 2 0 7 0 0 13 3 .231 .286 .308 .593
1985 28 82 75 4 14 2 0 1 19 1 0 1 0 0 7 0 0 17 3 .187 .256 .253 .509
通算:11年 1153 4582 4163 598 1123 214 38 121 1776 566 61 37 31 38 303 19 47 722 121 .270 .324 .427 .750
  • 太字はリーグ1位。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

  • ワールド・チャンピオン:1回 (1983年)
  • サイクル安打:1回 (1979年)

出典[編集]

  1. ^ a b c d Dan Ford Statistics and History - Transactions - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月26日閲覧。
  2. ^ April 12, 1975 MIN VS KCR - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月26日閲覧。
  3. ^ Dan Ford 1979 Batting Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月26日閲覧。
  4. ^ 1979 Award Voting - AL MVP Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]