ダン・フォーゲルバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダン・フォーゲルバーグ
基本情報
出生名 Daniel Grayling Fogelberg
出生 1951年8月13日
出身地 アメリカ合衆国イリノイ州ピオリア
死没 2007年12月16日(満56歳没)
ジャンル フォークロック
ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器
ギター
キーボード
ピアノ
ベース
活動期間 1968年-2007年
レーベル コロムビア・レコード
エピック・レコード
ジャイアント・レコード
メールボート・レコード
共同作業者 フールズ・ゴールド
ティム・ワイズバーグ
公式サイト Dan Fogelberg Official Website

{{{Influences}}}

ダン・フォーゲルバーグDaniel Grayling "Dan" Fogelberg, 1951年8月13日 - 2007年12月16日)は、アメリカ合衆国イリノイ州出身のシンガーソングライター。叙情的な歌詞と温かみのある歌声で、70年代から80年代前半にかけて絶大な人気を博した。「Longer」、「Same Old Lang Syne」(邦題は『懐かしき恋人の歌』。現実の体験に基づいている[1])、「Hard to Say」など、日本で親しまれている曲も多い。

来歴[編集]

ピオリア生まれ。両親は音楽家。少年時代からクラシックピアノを習う傍ら、スライドギターも独習し、高校時代はビートルズのコピーバンドも組んでいた。卒業後、大学で美術を学びながら、地元のコーヒー・ハウスなどで音楽活動を開始。ここで後に名マネージャーとして知られることになるアーヴィン・エイゾフと知り合い、彼とともにカリフォルニア州、次いでテネシー州ナッシュビルへと移る。同地でスタジオ・ミュージシャンとして、イーグルスなど同世代の数多くのミュージシャンと共演したことが、その後の彼の音楽性に大きな影響を与えることになる。

1972年に最初のアルバム『Home Free』を発表したが、セールスは振るわなかった。だが、2年後の74年にイーグルスのギタリスト、ジョー・ウォルシュのプロデュースによって発表した2作目『Souvenir』がヒットし、ミュージシャンとしての地歩を固める。その後も『Captured Angel』、『Phoenix』、『The Innocent Age』などの作品が商業的な成功を収めるとともに、その音楽的完成度の高さも注目を集めた。ジェイムス・テイラーなどの60年代フォークを基盤としながらも、ギター、キーボードコーラスなど全て一人でこなし、それらを多重録音によって表現するスタイルは、「一人CSN&Y」とも呼ばれた。

80年代半ば以降は、社会的テーマを扱った『Windows And Walls』、ブルーグラスの影響を感じさせる『High Country Snows』などを発表し、大ヒットには恵まれなかったものの着実な活動を続けた。

2007年12月16日、数年間の闘病生活の後、前立腺癌によって死去。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • Home Free (1972)
  • Souvenirs (1974)
  • Captured Angel (1975)
  • Nether Lands (1977)
  • Twin Sons Of Different Mothers (1978、ティム・ワイズバーグとの共作)
  • Phoenix (1979)
  • The Innocent Age (1981)
  • Windows And Walls (1984)
  • High Country Snows (1985)
  • Exiles (1987)
  • The Wild Places (1990)
  • Greetings From The West (1991)
  • River Of Souls (1993)
  • No Resemblance Whatsoever (1995、ティム・ワイズバーグとの共作)
  • First Christmas Morning (1999)
  • Full Circle (2003)
  • Love in Time(2009)

ライブ盤[編集]

  • Dan Fogelberg Live: Greetings from the West(1991)
  • Live: Something Old New Borrowed & Some Blues(2000)

脚注[編集]

  1. ^ ちなみにタイトルにある「Old Lang Syne」は、スコットランド民謡の『蛍の光』のことである。曲のアウトロマイケル・ブレッカーサックス・ソロでの『蛍の光』がフィーチャーされている。

外部リンク[編集]