ダン・ヒックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dan Hicks
}
基本情報
出生 1941年12月9日(72歳)
ジャンル カウボーイフォーク、ジャズ、カントリー、スウィング、ブルーグラス、ポップ
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル、ギター、ドラマー
活動期間 1965–present
レーベル Epic
共同作業者 The Charlatans, The Acoustic Warriors, Dan Hicks & His Hot Licks
公式サイト Dan Hicks official site

{{{Influences}}}

ダン・ヒックス(Dan Hicks, 1941年12月9日 - )は1960年代初期から活躍しているアメリカ合衆国歌手スウィングジャズフォーク、そしてカントリーなどをブレンドして生み出される彼の楽曲は独特で、ときに「フォークジャズ」(Folk Jazz)とも呼ばれる。

経歴[編集]

1941年アーカンソー州リトルロックに生まれる。5歳のとき両親はサンフランシスコに移住。高校時代にラジオ放送に興味を持ち、地元ラジオ局で毎日15分放送される番組「Time Out For Teens」を受け持っていた。1965年にサンフランシスコのフォーク・バンド「シャーラタンズ」(あのマンチェスターのバンド「シャーラタンズ」とは別)に加わり、中学時代から打ち込んでいたドラム・パートを担当する。時にはシャーラタンズでギターを弾いて自作の曲を歌ってもいたようである。その後徐々にシャーラタンズを離れ、二人の女性バック・ボーカルを抱えるアコースティック・バンド「リケッツ」(Lickettes)とともに、ダン・ヒックス・アンド・ホットリックス(Dan Hicks and his Hot Licks)としてシャーラタンズの前座などをつとめる。

その後ホットリックスはエピック・レコードとのアルバム契約を獲得。1969年にエピックから「ダン・ヒックス・アンド・ホットリックス」のファースト・アルバム“Original Recordings”をリリースするが、商業的に成功しなかった。 何人かのメンバー変更を行い、ブルー・サム・レコードに移籍してからホットリックスの黄金期は始まる。商業的に成功を収めたアルバム“Where's The Money?”、“Striking It Rich”、“Last Train to Hicksville”を次々と制作するが、1973年にホットリックスを解散。ソロ活動を開始し、CMやテレビ、映画のために曲を書いている。結局、公開されることがなかったラルフ・バクシのアニメ映画のために書いた曲は、1978年ワーナー・ブラザーズ・レコードからアルバム“It Happened One Bite”としてリリースされている。 現在もライブ活動などを精力的に行っている。

ディスコグラフィ[編集]

外部リンク[編集]