ダン・ターナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダン・ターナーDan Turnerハリウッド探偵(Hollywood Detective)として知られる)は、ロバート・レスリー・ベレム作の架空私立探偵

彼の初出は、パルプ誌「スパイシー・ディテクティヴ(Spicy Detective)」誌(1943年に「スピード・ディテクティヴ(Speed Detective)」に改名)の第2号(1934年6月)で、1947年2月の雑誌終刊まで定期的に掲載された。その後、彼自身の名を冠したパルプ誌「ハリウッド・ディテクティヴ(Hollywood Detective)」誌がカルチャー・パブリケーションズ社(Culture Publications、後にトロージャン・パブリケーションズ(Trojan Publishing)に改名)によって1942年1月から1950年10月まで出版された。

ダン・ターナーは典型的なハードボイルド型の私立探偵で、ロサンゼルスハリウッドを中心に活躍した。ストーリーのほとんどは撮影スタジオの周辺で進行し、犯罪の焦点となるのは映画ビジネスにかかわる人々(映画スター、スタントマン、プロデューサー、エージェント、エキストラ、そして無限に供給される魅力的な「若手女優」)である。

ほとんどのダン・ターナーものはベレムによって書かれた。これは、べレム自身かつて映画のエキストラとして働いた経験があり、ハリウッド業界の内部についての知識があったためである。

「ハリウッド・ディテクティヴ」誌もマックス・プレイステッド(Max Plaisted)の描くダン・ターナーのコミックストリップを特徴とした。

全てのダン・ターナーものは、独特なスラングをちりばめたスタイルで書かれており、それが作品にユニークな味わいを与えている。

拳銃は決して「guns」でなく「roscoes」であり、その発射音は「ka-chow!」である。また女性は、決して単なる「woman」でなく、「dame」、「frail」、「quail」、「wren」であり、特に魅力的であるならば「doll」または「cutie」である。

映像化作品[編集]

ハリウッド探偵であるにもかかわらず、ダン・ターナーの映画は1947年の『Blackmail』しか製作されていなかった。

1990年にクリストファー・ルイス監督の映画『ダン・ターナー/探偵ストーリー』(出演:マーク・シンガー、トレイシー・スコギンズ、アート・ジョンソン)が、『The Raven Red Kiss-Off』を原作として製作された。

またテレビドラマについては『ベガス』の項を参照されたい。

外部リンク[編集]