ダンテ・ジョーンズ (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダンテ・ジョーンズ

Dante Jones  No. 53

ラインバッカー
生年月日:1965年3月23日(49歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
身長:6' 1" =約185.4cm 体重:235 lb =約106.6kg
NFLデビュー
1988年シカゴ・ベアーズ
経歴
大学オクラホマ大学
NFLドラフト1988年 / 2巡目(全体の51番目)
 所属チーム:
通算成績
(1995年までの成績)
サック     3回
インターセプト     4回
ファンブルリカバー     5回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ダンテ・ジョーンズ(Dante Jones 1965年3月23日- )はテキサス州ダラス出身のアメリカンフットボール選手。NFLシカゴ・ベアーズなどでプレーした。ポジションはラインバッカー

オクラホマ大学では、バリー・スウィツァーヘッドコーチの下でプレーし[1]、2年次の1985年に全米チャンピオンとなった[2]。3年次のオレンジボウルではスペンサー・ティルマンとともにMVPに選ばれた[3]。4年次の1987年にビッグ・エイト・カンファレンスの最優秀守備選手に選ばれた[4]

1988年NFLドラフト2巡目でシカゴ・ベアーズに指名されて入団した。1992年まではわずか2試合でしか先発出場できなかったが、入団5年目の1993年、引退したマイク・シングレタリーの代わりに先発ミドルラインバッカーとなり[5]、この年チームトップの189タックル、4インターセプトをあげた。フリーエージェントとなった彼は、カンザスシティ・チーフスからのオファーも受けたが、1994年3月、ベアーズと2年270万ドルで再契約を果たした[6]1995年3月7日にベアーズを解雇され、同年6月にデンバー・ブロンコスと契約を結んだ[4]、その年11月、ブロンコスから解雇された[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bob Hersom (1985年9月5日). “Dante Jones May Be OU's Best-Kept Secret”. NEWSOK. 2013年7月8日閲覧。
  2. ^ 1985 National Champions”. オクラホマ大学. 2013年7月8日閲覧。
  3. ^ Orange Bowl History>1987”. オレンジボウル. 2014年1月5日閲覧。
  4. ^ a b Dante Jones Signs With Broncos”. シカゴ・トリビューン (1995年6月6日). 2013年7月8日閲覧。
  5. ^ Fred Mitchell (1993年7月22日). “Bear Linebacking Puzzle Centers On Dante Jones”. シカゴ・トリビューン. 2013年7月8日閲覧。
  6. ^ Fred Mitchell (1994年3月10日). “Dante Jones Re-signs With Bears”. シカゴ・トリビューン. 2013年7月8日閲覧。
  7. ^ BaseballArizona Diamondbacks: Named Buck Showalter...”. ボルチモア・サン (1995年11月16日). 2013年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]