ダンテステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダンテステークスDante Stakes)はイギリスの競馬の競走ダービーステークスの前哨戦として知られており、2014年の格付けはG2[1]


ダンテステークス
Dante Stakes[2]
開催地 ヨーク競馬場(左回り)
施行時期 5月
格付け G2(2014年)
1着賞金 85,065ポンド(2014年)
賞金総額 150,000ポンド(2014年)
距離 1マイル2ハロン88ヤード
(約2092メートル)
出走条件 3歳
負担重量

9ストーン
(約57.15kg
※牝馬は3ポンド(約1.36Kg)減量
※G1勝馬は3ポンド(約1.36Kg)加増

テンプレートを表示

概要[編集]

ダンテステークスは、イギリスダービーの最も有力な前哨戦の一つである[3][1]ヨーク競馬場で5月に行われるダンテ・フェスティバル開催(3日間)の目玉競走である[3][4][1]、6月初旬のダービーに挑もうとする競走馬にとって、最後の予選とも言える[3][5]。距離は1マイル2ハロン88ヤード(約2092メートル)あり、ダービー(エプソム競馬場)と同じ左回りで行われる[1]

ダンテステークスを勝ってダービーを制したのは、過去に9頭いる[3][1]。また、2010年にはダンテステークスで3馬身1/4差の2着に敗れたワークフォースが、ダービーで巻き返して優勝したが、これはダンテステークスで敗れた馬がダービーに勝った最初の例になった[4]

歴史[編集]

ダンテステークスは1958年に創設された[3][6]

ダンテステークスの名称は、ヨークシャー出身の競走馬ダンテに由来する。ダンテは1945年のダービー優勝馬で[3]、20世紀で唯一、イギリス北部で調教されたダービー馬である[1]

ダンテフェスティバル開催で行われるミドルトンステークスと同じように、ダンテステークスは賭博会社のThe Tote社がスポンサーである[1]

記録[編集]

最多勝騎手[編集]

最多勝調教師[編集]

歴代勝馬[編集]

  • ※*印は日本輸入馬。国際競走出走のための一時的なものも含む。(日本輸入により日本で血統登録されたものはカタカナ書き、それ以外のものは英字表記。)
  • ※騎手・調教師についてはウィキペディア日本語版に記事があるものをカタカナ表記とした。
  • 太字の競走馬はのちにダービーステークスに優勝したもの。
格付 勝馬 優勝タイム 騎手 調教師 備考
1958 Bald Eagle 2:23.80 Harry Carr Cecil Boyd-Rochfort
1959 Dickens 2:12.60 Harry Carr Cecil Boyd-Rochfort
1960 St. Paddy 2:14.80 レスター・ピゴット Noel Murless
1961 Gallant Knight 2:24.20 Eph Smith Ted Leader
1962 Lucky Brief Brian Connorton Snowy Gray
1963 Merchant Venturer 2:18.40 Greville Starkey John Oxley
1964 Sweet Moss レスター・ピゴット Noel Murless
1965 *バリメライス 2:23.60 Bill Pyers Snowy Gray
1966 Hermes Greville Starkey John Oxley
1967 Gay Garland 2:25.60 Ron Hutchinson Harry Wragg
1968 Lucky Finish Brian Taylor Harvey Leader
1969 Activator Taffy Thomas Geoffrey Barling
1970 G3 Approval 2:11.40 Greville Starkey ヘンリー・セシル
1971 G2 Fair World 2:11.00 Jimmy Lindley George Todd
1972 G2 ラインゴールド Ernie Johnson バリー・ヒルズ
1973 G2 *オウエンダッドレイ Geoff Lewis Noel Murless
1974 G2 Honoured Guest Geoff Lewis Noel Murless
1975 G2 Hobnob ウィリー・カーソン Harry Wragg
1976 G2 Trasi's Son 2:18.10 Edward Hide Martin Tate
1977 G2 ラッキーソブリン 2:16.70 Taffy Thomas Harry Wragg
1978 G2 Shirley Heights 2:10.84 Greville Starkey ジョン・ダンロップ
1979 G2 リファーズウィッシュ ジョー・マーサー ヘンリー・セシル
1980 G2 Hello Gorgeous 2:10.10 ジョー・マーサー ヘンリー・セシル
1981 G2 Beldale Flutter 2:19.10 パット・エデリー Michael Jarvis
1982 G2 Simply Great レスター・ピゴット ヘンリー・セシル
1983 G2 Hot Touch 2:18.10 パット・エデリー Geoff Wragg
1984 G2 Claude Monet 2:08.55 スティーブ・コーゼン ヘンリー・セシル
1985 G2 *ダミスター 2:17.23 パット・エデリー Jeremy Tree
1986 G2 Shahrastani 2:11.72 ウォルター・スウィンバーン Michael Stoute
1987 G2 Reference Point 2:08.25 スティーブ・コーゼン ヘンリー・セシル
1988 G2 Red Glow 2:11.95 パット・エデリー Geoff Wragg
1989 G2 Torjoun 2:06.98 レイ・コクレーン Luca Cumani
1990 G2 Sanglamore 2:09.18 パット・エデリー Roger Charlton
1991 G2 Environment Friend 2:12.42 George Duffield James Fanshawe
1992 G2 Alnasr Alwasheek 2:08.71 スティーブ・コーゼン Michael Stoute
1993 G2 テンビー 2:12.36 パット・エデリー ヘンリー・セシル
1994 G2 エルハーブ 2:06.18 ウィリー・カーソン ジョン・ダンロップ
1995 G2 Classic Cliche 2:10.63 ウォルター・スウィンバーン サイード・ビン・スルール
1996 G2 Glory of Dancer 2:12.40 オリビエ・ペリエ Paul Kelleway
1997 G2 Benny the Dip 2:11.97 オリビエ・ペリエ John Gosden
1998 G2 Saratoga Springs 2:11.57 マイケル・キネーン エイダン・オブライエン
1999 G2 Salford Express 2:16.36 Richard Quinn David Elsworth
2000 G2 Sakhee 2:07.81 Richard Hills ジョン・ダンロップ
2001 G2 Dilshaan 2:10.69 キーレン・ファロン マイケル・スタウト
2002 G2 ムーンバラッド 2:07.06 ジェイミー・スペンサー サイード・ビン・スルール
2003 G2 Magistretti 2:09.48 Kevin Darley Neville Callaghan
2004 G2 North Light 2:15.69 キーレン・ファロン マイケル・スタウト
2005 G2 Motivator 2:16.17 ジョニー・ムルタ Michael Bell
2006 G2 Septimus 2:17.55 キーレン・ファロン エイダン・オブライエン
2007 G2 Authorized 2:11.54 ランフランコ・デットーリ ピーター・チャップルハイアム
2008 G2 Tartan Bearer 2:09.50 ライアン・ムーア マイケル・スタウト
2009 G2 Black Bear Island 2:11.64 コルム・オドノヒュー エイダン・オブライエン
2010 G2 Cape Blanco 2:06.70 ジョニー・ムルタ エイダン・オブライエン
2011 G2 Carlton House 2:13.49 ライアン・ムーア マイケル・スタウト
2012 G2 Bonfire 2:10.52 Jimmy Fortune (jockey) Andrew Balding
2013 G2 Libertarian 2:10.59 ウィリアム・ビュイック Elaine Burke
2014 G2 The Grey Gatsby 2:08.99 ライアン・ムーア Kevin Ryan

脚注[編集]

参考文献・出典[編集]

各回結果[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g FRIXO Dante Stakes Betting2014年6月6日閲覧。
  2. ^ IFHA Betfred Dante S.2014年6月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f BettingDirectory Dante Stakes Betting2014年6月5日閲覧。
  4. ^ a b Punters Lounge Dante Stakes Betting Guide2014年6月5日閲覧。
  5. ^ グラスゴー・ヘラルド紙 1979年5月16日付 ダービー前哨戦はギャラクシーリブラが本命2014年6月6日閲覧。“Dante Stakes at York provides the last real trial for the Derby”
  6. ^ Galopp-Sieger Dante Stakes2014年6月3日閲覧。

関連項目[編集]

ダービーの前哨戦[編集]

ダンテフェスティバル開催中の競走[編集]