ダンス・ギャヴィン・ダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dance Gavin Dance
2009年のライヴ}
2009年のライヴ
基本情報
別名 DGD
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
サクラメント
ジャンル ポスト・ハードコア
活動期間 2005年 - 現在
レーベル Rise Records
ハウリング・ブル・エンターテイメント
共同作業者 Secret Band, Strawberry Girls, Emarosa, A Lot Like Birds, Tides of Man, Consider the Thief, Five Minute Ride, Sianvar, Slaves
公式サイト 公式サイト
メンバー
ティリアン・ピアソン
ジョシュ・ベントン
ウィル・スワン
マット・ミングース
ティム・フィーリック
旧メンバー
カート・トラヴィス
ザッカリー・ギャレン
ジェイソン・エリス
ショーン・オサリヴァン
ジョニー・クレイグ
エリック・ロッジ
ジョン・メス

ダンス・ギャヴィン・ダンス (Dance Gavin Dance) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント出身の5人組のポスト・ハードコアバンドである。


メンバー[編集]

  • ティリアン・ピアソン(Tilian Pearson) - クリーン・ボーカル
  • ジョン・メス(Jon Mess) - スクリーム
  • ウィル・スワン (Will Swan) - ギター・スクリーム・ラップ
  • ジョシュ・ベントン(Josh Benton) - ギター
  • マット・ミングース(Matt Mingus) - ドラム
  • ティム・フィーリック(Tim Feerick) - ベース

元メンバー[編集]

  • カート・トラヴィス (Kurt Travis) - クリーン・ヴォーカル
  • ザッカリー・ギャレン(Zachary Garren ) - ギター
  • ジェイソン・エリス(Jason Ellis) - ベース
  • ショーン・オサリヴァン(Sean O'Sullivan) - ギター
  • ジョニー・クレイグ(Jonny Craig) - クリーン・ボーカル
  • エリック・ロッジ(Eric Lodge) - ベース

略歴[編集]

ダンス・ギャヴィン・ダンス(以下DGD)は複数のバンドの元メンバーにより構成され、2005年から2006年の初めにジョニー・クレイグとショーン・オサリヴァンがバンドに加わり正式なバンドとなる。2006年11月14日には最初の自作EP『Whatever I Say Is Royal Ocean』をライズ・レコードを通して発表した。

ドロップ・デッド(Drop Dead)、ゴージャス(Gorgeous)やフィアー・ベフォア・ザ・マーチ・オブ・フレイムス(Fear Before the March of Flames)などのバンドのプロデュースを手がけたクリス・クルメットの協力の下、2007年1月に再びDGDはスタジオ入りし、2007年5月15日にライズ・レコードからデビューアルバム『Downtown Battle Mountain』をリリースした。

2007年8月にギターのショーン・オサリヴァンが一身上の都合と音楽性の違いからDGDを辞め、その後コンスィダー・ザ・シーフ(Consider the Thief)というバンドで音楽活動を続けている。ショーンの空いたスポットは元々ツアーを共にまわりグッズなどを販売していたザック・ギャレンの加入により埋まった。

2007年11月にはヴォーカルのジョニー・クレイグがDGDを辞めている。MySpaceに掲載されたバンドのブログによると、ジョニーの薬物への依存など諸々の理由によりDGDメンバーから解雇したという。後任ヴォーカリストは、カート・トラヴィス(元Five Minute Ride, O!, 元The Joy)に決定した。

DGDの創設時からのメンバーであるジョン・メスとエリック・ロッジはレコーディング終了後DGDを脱退した。ただし、現在のところエリックがDGDを脱退した公式の理由は発表されていない。彼らの後任としてウィル・スワンとジェイソン・エリス(元Five Minute Ride)が加わり、ツアーではウィルがギター兼スクリーム、ジェイソンがベースを担当をした。

2008年8月19日には、自身名を冠した2ndアルバム『Dance Gavin Dance 』をリリースし、全米アルバムチャートにて初登場172位を記録した。

2009年6月9日には、3rdアルバム『Happiness』をリリースし、全米アルバムチャートにて初登場145位を記録した。

2011年3月8日には、4thアルバム『Downtown Battle Mountain II』をリリースし、全米アルバムチャートにて初登場82位を記録した。

2013年10月8日には、5thアルバム『Acceptance Speech』をリリースし、全米アルバムチャートにて初登場42位を記録した。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米アルバムチャート最高位 ゴールド等認定
2007年5月15日 Downtown Battle Mountain Rise Records
-
-
2008年8月19日 Dance Gavin Dance Rise Records
172位
-
2009年6月9日 Happiness Rise Records
145位
-
2011年3月8日 Downtown Battle Mountain II Rise Records
82位
-
2013年10月8日 Acceptance Speech Rise Records
42位
-

EP[編集]

  • Whatever I Say Is Royal Ocean (2006)

ライブアルバム[編集]

  • Live at Bamboozle 2010 (2010, Live Nation Studios)

ミュージックビデオ[編集]

  • "Me and Zoloft Get Along Just Fine" (2008)
  • "Tree Village" (2009)
  • "Heat Seeking Ghost of Sex" (2012)
  • "Strawberry Swisher Pt. 3" (2013)
  • "Death of the Robot with Human Hair" (2014)

外部リンク[編集]