ダンクマール・アドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダンクマール・アドラー

ダンクマール・アドラーDankmar Adler, 1844年7月3日 - 1900年4月16日)はドイツ生まれ、シカゴで活躍した建築家である。ユダヤ人ルイス・サリヴァンと共同で多くの作品を残した。

シカゴ派の代表的な建築家の一人であり、1871年のシカゴ大火後の復興に尽力した。当時、シカゴ・フレームと呼ばれた、鉄製のラーメン構造の普及に果たした功績は大きく、後の超高層建築技術発展への礎を築いた。フランク・ロイド・ライトの師でもある。

代表作[編集]