ダレル・ウィットモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダレル・ウィットモア
Darrell Whitmore
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 バージニア州フロントロイヤル[1]
生年月日 1968年11月18日(45歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1990年 MLBドラフト2巡目
初出場 MLB / 1993年6月25日
NPB / 1996年6月23日
最終出場 MLB / 1995年6月3日
NPB / 1996年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダレル・ウィットモアDarrell Lamont Whitmore , 1968年11月18日 - )は、アメリカ合衆国バージニア州出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

1990年MLBドラフト2巡目でクリーブランド・インディアンスに指名され契約。1993年、この年創設されたフロリダ・マーリンズに移籍し、同年6月25日メジャーデビュー。

1996年6月にウェス・チェンバレンとともに千葉ロッテマリーンズに入団し、来日[1]。前年2位と躍進したロッテは、退団したフリオ・フランコピート・インカビリアに代えてジャック・ドウティースパイクの両外国人野手を獲得した。ところが両者ともまったくの不振で、6月に揃って解雇されるという異常事態になった。そこで打線強化を期待されて入団したのがウィットモアとチェンバレンだった。

6月23日の対近鉄バファローズ戦でチェンバレンより8日遅れでデビューすると、3番に定着した。シーズン終了までクリーンナップを務め、12本塁打の長打力に加え12盗塁を記録する走力も見せたが、首脳陣の期待に応えるほどの成績は残せず、このシーズン限りで自由契約となり、帰国した[1]

帰国後はアメリカ球界に復帰するものの、メジャーに復帰はできず、2002年はアメリカ独立リーグアトランティックリーグに加盟するロングアイランド・ダックス及びメキシカンリーグでプレーし、同年限りで現役引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1993 FLA 76 267 250 24 51 8 2 4 75 19 4 2 2 0 10 0 5 72 8 .204 .249 .300 .549
1994 9 25 22 1 5 1 0 0 6 0 0 1 0 0 3 0 0 5 0 .227 .320 .273 .593
1995 27 65 58 6 11 2 0 1 16 2 0 0 1 1 5 0 0 15 1 .190 .250 .276 .526
1996 ロッテ 57 244 229 27 61 9 0 12 106 29 12 5 0 1 12 1 2 65 4 .266 .307 .463 .770
MLB:3年 112 357 330 31 67 11 2 5 97 21 4 3 3 1 18 0 5 92 9 .203 .254 .294 .548
NPB:1年 57 244 229 27 61 9 0 12 106 29 12 5 0 1 12 1 2 65 4 .266 .307 .463 .770

背番号[編集]

  • 17 (1993年 - 1995年)
  • 21 (1996年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、73ページ

外部リンク[編集]