ダルヴェルジン・テペ遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダルヴェルジン・テペ遺跡はバクトリアの北部に位置していた。
ダルヴェルジン・テペ遺跡
ダルヴェルジン・テペ遺跡から発掘された金のネックレス

ダルヴェルジン・テペ遺跡 (ダルヴェルジン・テペいせき、ラテン文字:Dalverzin Tepe, Dalverzin Tepa) はウズベキスタンスルハンダリヤ州南東部、州都テルメズより60km北東にある遺跡である。ラテン文字表記に従ってダルヴェルジン・テパ遺跡と表記されることもある[1][2]。ダルヴェルジンはモンゴル語で「四角形」を、テペ (テパ、テッパ、ペルシア語: تپه‎) はペルシア語で「」を意味する[3]

グレコ・バクトリア王国時代、バクトリア地方北部に小規模な要塞が作られた後、紀元前1世紀頃都市が形成され、クシャーナ朝の時代に発展を遂げ、行政地域、居住地域、窯業などの産業地域、仏教寺院[2]などが建設された。遺跡の住居からは金のネックレスなど多くの金製品が発見されている。3世紀頃には都市として衰退したと考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ B.トゥルグノフ,小山満,川崎建三,S.パンジエフ,Aウルマソフ,金内新司,水流宏幸,福本一茂,石塚健治. “ダルヴェルジン・テパ第二仏教寺院趾の発掘:2006-07年度調査概報”. 創価大学. 2012年12月16日閲覧。
  2. ^ a b 川崎建三. “ダルヴェルジン・テパ出土基壇模型に関する一考察”. 創価大学シルクロード研究センター. 2012年12月16日閲覧。
  3. ^ 林俊雄. “ダルヴェルジン=テペ遺跡の調査”. 国士舘大学. 2012年12月16日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度06分04秒 東経67度51分38秒 / 北緯38.10111度 東経67.86056度 / 38.10111; 67.86056