ダリガ・ナザルバエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dariga Nazarbayeva.jpg

ダリガ・ナザルバエヴァ(Dariga Nursultanqyzy Nazarbayeva カザフ語: Дариға Нұрсұлтанқызы Назарбаева、 ロシア語: Дарига Нурсултановна Назарбаева 1963年5月7日 -)は、カザフスタンの政治家。ヌルスルタン・ナザルバエフ大統領の長女。政治の才を有し、男子のいないナザルバエフにとって、有力な後継者候補である。

経歴[編集]

1963年、ソビエト連邦カザフスタンTemirtau生まれ。

ロモノソフ名称モスクワ国立大学歴史学部を卒業。1991年準博士、1998年に博士号を取得。

1992年、児童慈善財団「ボベク」副総裁。

1994年、閉鎖型株式会社「「ハバル」エージェント」社長。2001年~2006年5月、「ハバル」会長。

2003年11月、国際現代政治研究所オブザーバー会議議長。

2004年、「アサル」(互助)党党首。

2006年7月4日、「オタン」党副議長(議長は父親)。

2007年7月から「ヌルバンク」役員。

パーソナル・人物[編集]

外務第一次官のラハト・アリエフと結婚したが、夫の起訴と関連して、2007年6月6日に離婚。2男1女を有する。

アマチュアのオペラ歌手であり、ヴォーカルレッスンを受け、イベントで歌ったりリサイタルを開いている。

政治科学博士。カザフ語ロシア語英語イタリア語を話す。

「パラサト」勲章を受章。2009年4月、フランスのOrdre des Arts et des Lettresを受章。

カザフスタン・ジャーナリスト会議議長。国家テレビ芸術・科学アカデミー国際会議役員、ユーラシア戦略研究センター総裁。ユネスコ問題国家委員会委員。ユーラシア・テレフォーラム共同議長。スポーツ専門学校連盟総裁。