ダラ・トーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

ダラ・トーレス
女子 競泳
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
1984 女子 4×100mフリーリレー
1992 女子 4×100mフリーリレー
2000 女子 4×100mフリーリレー
2000 女子 4×100mメドレーリレー
1988 女子 4×100mメドレーリレー
2008 女子 50m自由形
2008 女子 4×100mフリーリレー
2008 女子 4×100mメドレーリレー
1988 女子 4×100mフリーリレー
2000 女子 50m自由形
2000 女子 100m自由形
2000 女子 100mバタフライ

ダラ・グレース・トーレスDara Grace Torres1967年4月15日 - )は、アメリカカリフォルニア州出身の女子競泳選手。専門は短距離の自由形バタフライ。身長183センチ、体重65キロ。

1984年ロサンゼルスオリンピック、1988年ソウルオリンピック、1992年のバルセロナオリンピックのリレー種目で金メダルを獲得。1992年に現役を引退しモデルやキャスターなどの活動を始めた[1]。1994年にはスポーツイラストレイテッドでスーパーモデルと一緒に水着特集に登場した[2]

1999年シドニーオリンピックの出場を目指して7年ぶりに現役復帰をし、33歳で4度目の五輪に出場、金メダル2個と銅メダル3個を獲得する。その後再び現役を引退し、2006年に長女を出産した[2][1]。主に現役を退いた選手が出場するマスターズに出場したがそこで現役トップクラスのタイムをマークしたことから、2007年に40歳で現役復帰。全米選手権の100m自由形と50m自由形に優勝し、衝撃の復活を果たす[1]。2008年北京オリンピックの代表選考会でも100m自由形と50m自由形に優勝し、41歳で米国競泳初の5度目の代表となった[3]

北京五輪では100m自由形の出場を辞退し、個人種目は50m自由形に専念した。24秒07の米国新を出したが金メダルのブリッタ・シュテフェンに0.01秒及ばず銀メダルを獲得した。リレー2種目と合わせて3個の銀メダルを獲得し、通算のメダル数が12個となり、ジェニー・トンプソンと並んで米国競泳女子最多になった[2]

2009年に自伝『Age is Just a Number』を出した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 40歳でも米国記録樹立 競泳自由形のトーレス”. 共同通信社 (2008年4月11日). 2012年6月3日閲覧。
  2. ^ a b c d Dara Torres (ダラ・トーレス)”. SPEEDO. 2012年6月3日閲覧。
  3. ^ 伊勢多恵美 (2008年). “ダラ・トーレス選手”. 2012年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]