ダムナカンタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダムナカンタール
Chemical structure of damnacanthal
識別情報
CAS登録番号 477-84-9 ×
PubChem 2948
ChemSpider 2843 チェック
ChEMBL CHEMBL212948 チェック
特性
化学式 C16H10O5
モル質量 282.25 g mol−1
精密質量 282.052823 u
密度 1.461 g/mL
沸点

532 °C, 805 K, 990 °F

関連する物質
関連するarylformaldehydes ゴシポール

ピリドキサール

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ダムナカンタール(damnacanthal)は、p56lckチロシンキナーゼ阻害剤として作用するアントラキノンの一つ[1]ヤエヤマアオキ(Morinda citrifolia)から抽出することができる[2]

出典[編集]

  1. ^ Faltynek CR, Schroeder J, Mauvais P, et al. (September 1995). “Damnacanthal is a highly potent, selective inhibitor of p56lck tyrosine kinase activity”. Biochemistry 34 (38): 12404–10. doi:10.1021/bi00038a038. PMID 7547985. 
  2. ^ Anekpankul T, Goto M, Sasaki M, et al. (July 2007). “Extraction of anti-cancer damnacanthal from roots of Morinda citrifolia by subcritical water”. Separation and Purification Technology 55 (3): 343–349. doi:10.1016/j.seppur.2007.01.004.