ダマン・ディーウ連邦直轄領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダマンとディーウの位置
ダマンとディーウの位置(拡大図)

ダマン・ディーウ連邦直轄領(Daman and Diu, દમણ અને દીવ, दमन और दीव)は、インド連邦政府直轄領の一つ。アラビア海に面したダマンディーウからなる。

歴史[編集]

ダマンがいつ成立したのかはっきりしないが、少なくとも2000年間都市として機能している。

グジャラート・スルタン国領[編集]

ダマンディーウ両都市とも16世紀中頃まではムザッファル朝英語版グジャラート・スルタン国英語版の領地であった。

ポルトガル領[編集]

ディーウは1535年にポルトガル領となる。ディーウ自体は長さ10km程度の島であり、ポルトガルの要塞として使われた。なお、その対岸にある2つの村もポルトガル領ディーウの一部とされていた。1558年にポルトガル領となったのちは木材などの積出港、貿易拠点として栄える。ポルトガルはインドを最初に植民地化した西洋国だが、インド内陸部を支配する能力、動機とも備えておらず、交易の拠点となる商館を維持する政策を取った。最盛期にはインド西岸、南岸を中心に13都市を支配している。なお、18世紀後半からは内陸部のダードラー及びナガル・ハヴェーリーもポルトガル領ダマンの一部とされた(ただし、面積・人口ともダマン自体より大きい)。

その後20世紀中頃まではゴアと共にポルトガル領インドを構成していた。 第二次世界大戦終結後、インドの独立を経て、1961年までポルトガル領として留まった。

インド連邦直轄地[編集]

1961年にインド軍の侵攻を受けた際(インドのゴア軍事侵攻英語版)、対岸にある2つの村もインドに復帰している。

外部リンク[編集]