ダフ・マッケイガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダフ・マッケイガン
Duff McKagan
}
基本情報
出生名 Michael Andrew McKagan
出生 1964年2月5日(50歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州シアトル
ジャンル ハードロック
職業 ベーシスト作曲家
担当楽器 ベース
活動期間 1980年代中期 - 現在
共同作業者 ガンズ・アンド・ローゼズ
ニューロティック・アウトサイダーズ
ローデッド
ヴェルヴェット・リヴォルヴァー
公式サイト Duff McKagan's RAW POWER (Official Fan Club)
パンク・ロック

ダフ"ローズ"マッケイガンDuff "Rose" McKagan 本名:Michael Andrew McKagan、1964年2月5日 - )は、アメリカ合衆国のミュージシャン。元ガンズ・アンド・ローゼズ、現ヴェルヴェット・リヴォルヴァーベーシストローデッドボーカルギターを務める。

来歴[編集]

ワシントン州シアトルにて、良家の8人兄弟の末っ子として生まれる。ダフという名前は、子供の頃からのあだ名で、近所にも同じマイケルという名の男の子がいたため、区別するために母親がつけたもの。

19歳の頃、テンミニッツ・ウォーニンググレッグ・ギルモアと共にプロのミュージシャンを目指し、ロサンゼルスに移住。その後、新聞広告を通じスラッシュスティーヴン・アドラーと出会い、ロード・クルーというバンドを結成するも、専任ボーカルが見つからなかったため、すぐにバンドは停滞状態に。そこへハリウッド・ローズL.A.ガンズが合併したガンズ・アンド・ローゼズから声がかかり、加入することとなる。

1987年に、ガンズ・アンド・ローゼズの一員として、アルバムアペタイト・フォー・ディストラクション』でデビュー。

1993年には、ソロ・アルバム『ビリーヴ・イン・ミー』発表。USE YOUR ILLUSION ツアーの合間を縫って完成させた。全パートを自分でこなした曲もあれば、ジェフ・ベックレニー・クラヴィッツセバスチャンバックなども参加。

1994年に、アルコールの過剰摂取により急性膵炎を患い、膵臓が破裂。一時、死の淵を彷徨うも奇跡的に生還。これをきっかけにアルコール及びドラッグを断ち、クリーンになることを決意する。同時に、地元に自宅を構える。

1995年スティーヴ・ジョーンズ(元セックス・ピストルズ)、ジョン・テイラー(デュラン・デュラン)、マット・ソーラムと共にニューロティック・アウトサイダーズを結成、1996年にはアルバム『ニューロティック・アウトサイダーズ』を発表。

1998年に、ガンズ・アンド・ローゼズを脱退。1999年にはソロ第2作、ビューティフル・ディジーズを完成させるも、レコード会社との契約上の理由から未発表のままお蔵入りとなる。その後ソロ活動を経て、自身のバンドローデッド(Loaded)を結成し、アルバムを2作(内1枚はライブ会場とオフィシャル・サイトの通販のみで販売)とEP1枚を発表。ローデッドではボーカルとギターを担当。

2001年には、赤坂BLITZにて、かねてから親交のあったLUNA SEAJが主催のイベント"FIRE WIRE"にシークレット・ゲストで出演し、その後の同イベントの追加公演にも、スティーヴ・ジョーンズイアン・アストベリー(元THE CULT)などと共に、自身もローデッド(Loaded)として参加した。 翌2002年には、単独来日公演も行っている。

現在は、同じくガンズを脱退したスラッシュとマット・ソーラム、元ストーン・テンプル・パイロッツスコット・ウェイランド、ローデッドなどにも参加したことのあるデイヴ・クシュナーらと共にヴェルヴェット・リヴォルヴァーを結成したが、2008年にスコットは脱退した。

2008年10月19日に、さいたまスーパーアリーナで行われたLOUD PARKに、Duff McKagan's LOADED(ダフ・マッケイガンズ ローデッド)の名義で出演した。

2010年10月14日には、ロンドンO2アリーナで行われたガンズのコンサートに飛び入り参加し、アクセル・ローズと13年ぶりの共演を果たした[1][2]

人物[編集]

  • 190cmの長身と長いブロンドヘアー、ベースを低く構えて演奏する姿が特徴。最近は、ショートヘアーになっている。
  • 気さくな人柄で知られる。ガンズの結成初期にはやる気のないメンバーの尻を叩き、ツアーのブッキングを積極的に行うなどし、バンドの安定化に貢献した。
  • 10代の頃はパンクを志向していた。特に、シド・ヴィシャスからの強い影響で、南京錠付きのチェーンネックレスを首から下げていた。
  • 以前は、ベースだけでなくギタードラムもプレイしていた。ロサンゼルスに移住した頃から、プロのベーシストを志した。
  • 同じシアトル出身のカート・コバーンとは不仲だったが、その後は和解。カートが自殺する数日前に同じ飛行機に乗り合わせ、深く話し込んでいる。
  • 2005年2月9日Zepp Tokyoで行われた、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー -Japan Tour 2005-の最終公演で、「セット・ミー・フリー」の演奏後ピックを投げた際、大事な指輪も一緒に飛ばしてしまい、観客に探してもらうというハプニングがあった。
  • 2008年、フェンダーUSAから長年彼が愛用していたベースを完全に再現した「ダフ・マッケイガン・ベース」が発売された。
  • シアトル・マリナーズのファン。
  • 2008年に発表の元ガンズのイジー・ストラドリンのソロ・アルバム「Concrete」にゲストとして参加している。

ディスコグラフィー[編集]

ソロ[編集]

  • Believe in Me (1993)
  • Beautiful Disease (1999)

(Duff McKagan's)Loaded[編集]

  • Episode 1999: Live (1999)
  • Dark Days (2001)
  • Wasted Heart EP (2008)
  • Sick (2009)

脚注[編集]

外部サイト[編集]

先代:
Ole Beich
ガンズ・アンド・ローゼズのベーシスト
1985–1998
次代:
トミー・スティンソン