ダフネ・オラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダフネ・オラム
Daphne Oram
Daphne Oram and her Oramics
Daphne Oram and her Oramics
基本情報
出生 1925年12月1日
出身地 イギリスの旗 イギリスウィルトシャー州デバイセズ
死没 2003年1月5日(満77歳没)
職業 作曲家・電子音楽家
担当楽器 シンセサイザー(Oramics)・ミュージックコンクレート

ダフネ・オラム(Daphne Oram、1925年12月1日 - 2003年1月5日 )は、イギリスで活動した作曲家、電子音楽家として知られています。また、デズモンド・ブリスコーと共にBBCレディオフォニック・ワークショップを創設し、最初のスタジオ・マネージャーを務めました。1957年には彼女の名前を冠した電子音の生成機 Oramics の制作も行っています。 1956年、BBCの依頼でサミュエル・ベケットは作品「All That Fall」(1957年制作のラジオ放送劇)を書きますが、その制作において彼女はブリスコーと共に音響効果を担当していました。

2011年8月号の Wire 誌では彼女の音楽に関する詳細な特集が組まれています。

ロンドンの科学博物館で展示された Oramics (2011)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]