ダニー・ロペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニー・ロペス
基本情報
通称 Little Red
El Coloradito
階級 フェザー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1952年7月6日(62歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ユタ州フォート・デュシェン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 48
勝ち 42
KO勝ち 39
敗け 6
テンプレートを表示

ダニー・ロペスDanny Lopez1952年7月6日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーユタ州フォート・デュシェン出身。元WBC世界フェザー級チャンピオン。強打の右ファイター。同タイトルを8回防衛(うち7度はKO)した名王者。ウェルター級の強豪だったアーニー・ロペスは実兄。様々なルーツを持っておりネイティブ・アメリカンでメキシコ系アメリカ人の血も入っておりさらには自身の「リトル・レッド」の異名はアイルランドの血が入ってるからだと思われる。またインディアンである事を誇りに持っており自身の愛称でもあるリトル・レッドに掛けて赤色のウォーボネット(一般的にインディアンが被っているされる羽が付いた帽子)を愛用した。

来歴[編集]

ユタ州フォート・デュシェンに生まれる。5歳の時、元ボクサーだった父を失い、7人いた兄弟は離散するという不遇な幼少時代を過ごし、銃の発砲事件を起こして少年院に入っていたこともあった。兄であるアーニーのリングでの活躍にも触発されボクサーとなる。

決して器用ではないが、173cmの長身から繰り出す右ストレートの強打、返しの左フックを武器に、1971年のデビューから23連勝(21連続KOを含む)をマーク。その後は後の世界王者ボビー・チャコンや日本のシゲ福山に敗れるなどスランプを迎えるが、元バンタム級世界王者チューチョ・カスティーヨ、怪物ルーベン・オリバレス、さらにはショーン・オグラディなどの強豪を倒し、復活を遂げる。

1976年11月6日、7連続KOの勢いに乗ってデビッド・コティに挑戦、判定勝ちでWBC世界フェザー級タイトルを奪取。以後、ホセ・トーレスやマイク・アヤラら強豪を相手に同タイトルを8度防衛(うち7KO防衛)する。

しかし1980年2月2日、9度目の防衛戦でメキシコの若き天才サルバドル・サンチェスに完全にアウトボックスされ、13回TKOで王座を失った。同年6月21日の再戦でも同様の展開で14回TKOの返り討ちに遭い、引退を表明した。

1992年2月27日、12年ぶりに現役復帰したが、当年39歳の衰えは隠せずホルヘ・ロドリゲスに2回KO負けを喫した。

2009年12月8日、自身の功績が認められボクシング殿堂入りを果たした[1]。。

脚注[編集]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
デビッド・コティ
第15代WBC世界フェザー級王者

1976年11月13日 - 1980年2月2日

次王者
サルバドル・サンチェス