ダニー・ゴーキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニー・ゴーキー
}
基本情報
出生名 Daniel Jay Gokey
出生 1980年4月24日
出身地

US flag 13 stars – Betsy Ross.svg アメリカ合衆国 ウィスコンシン州

ミルウォーキー
ジャンル コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック カントリー・ミュージック
職業 シンガー・ソングライター
担当楽器 ボーカルピアノギター
活動期間 2008年 -
レーベル RCA Nashville(2009-2011)
BMG (2013-)
公式サイト www.dannygokey.com

ダニエル・ジェイ・ゴーキー(Daniel Jay Gokey、1980年4月24日 - )は、アメリカ合衆国の歌手。ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれ。もと音楽教師。 人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン8で3位となり、メジャーデビューを果たした。

アメリカン・アイドル[編集]

地方予選に出場する4週間前に妻ソフィアを亡くす。(ソフィアは幼少の頃から心臓が悪く、度々手術を繰り返したが甲斐なく合併症のため亡くなった)出場を諦めかけたダニーだが、番組のファンだった妻のためにオーディション出場を決断する。カンザスシティーで行われた地方予選に、親友のジャマール・ロジャース(彼はファイナリストには残れなかったが、のちに「ザ・ヴォイス」のシーズン2で活躍することとなった)と共に参加。独特のソウルフルな歌声が審査員に高く評価され、ハリウッド予選へとコマを進めた。

地方予選の段階から実力を高く評価されていたダニーは、セミ・ファイナルのTop36ウィークでマライア・キャリーの『ヒーロー』を歌い、13人のファイナリストの一人となる。 最大の武器であるハスキーでソウルフルな歌声は、審査員のサイモン・コーウェルから「ブルー・アイド・ソウル」と評されるなど、優勝候補として視聴者を魅了していく。本選ではラスカル・フラッツの『 What Hurts The Most』が高い評価を得た。また、Top11のグランド・オール・オプリ・ウィークにおいてはゲスト指導者・ランディ・トラヴィスにも認められ、この出会いがカントリー・ミュージック進出へのきっかけとなった。[1]

番組初期から優勝候補と目されていたものの、Top3週で脱落し決勝進出はならなかった。ちなみに優勝した場合にデビューシングルとなる「ノー・バウンダリーズ」を手がけていた審査員のカーラ・ディオガルディは、この優勝曲をダニーに歌わせることを想定して書いたと当時言われていたため、ダニーの脱落時には「オーマイゴッド」と、衝撃を隠しきれず何度も繰り返し呟いていた。

パフォーマンス[編集]

WEEK テーマ 曲名 オリジナル
オーディション 本人選曲 I Heard It A Grapevaine マーヴィン・ゲイ
ハリウッド ソロ 1回目 Kiss From A Rose シール
ハリウッド グループ・パフォーマンス Somebody to Love クイーン
ハリウッド ソロ 2回目 I Hope You Dance リー・アン・ウーマック
Top36/
セミ・ファイナル1
Billboard Hot 100 ヒーロー マライア・キャリー
Top13 マイケル・ジャクソン P.Y.T. マイケル・ジャクソン
Top11 グランド・オール・オプリ Jesus, Take the Wheel キャリー・アンダーウッド
Top10 モータウン Get Ready ザ・テンプテーションズ
Top9 トップ・ダウンロード What Hurts The Most ラスカル・フラッツ
Top8 自分の生まれた年 スタンド・バイ・ミー ベン・E・キング
Top7 映画挿入歌 エンドレス・ラブ
(映画『エンドレス・ラブ』より)
ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー
Top7[2] ディスコ セプテンバー アース・ウィンド・アンド・ファイアー
Top5 ラット・パック Come Rain or Come Shin
(邦題『降っても晴れても』)
ミュージカルセント・ルイス・ウーマン』挿入歌[3]
Top4 ロックン・ロール デュエット
ソロ
Renegade (クリス・アレンとデュエット)
ドリーム・オン
スティクス
エアロスミス
Top3 審査員選曲 (ポーラ・アブドゥル)
本人選曲
Dance Little Sister
You Are So Beautiful
テレンス・トレント・ダービー
ジョー・コッカー


アメリカン・アイドル以降[編集]

アメリカン・アイドル出場後は19 Recordings/RCA Nashville と契約。カントリー歌手としてのデビューを決断する。2010年3月2日にはファースト・アルバム・『My Best Days』をリリース、発売1週目にしてアメリカ合衆国のビルボードトップ・カントリー・アルバム・チャートで3位、アルバム総合チャートのBillboard 200でも4位を記録した。ニールセン・サウンドスキャンによると、このアルバムの第1週目の売上枚数は約65,000枚、カントリー歌手がデビューの週に売り上げた枚数としては、1992年にBilly Ray Cyrusが記録した9万枚に継ぐ記録となった。また、この週のデジタル・ダウンロードでの販売数は約19,000、カントリー歌手のデビュー・アルバム第1週目のダウンロード数としての過去最高を記録している。[4]

2011年11月にRCAとの契約を解除。2012年5月にEP"Love Again"を自身のウェブサイトでのみセルフリリースした。

2013年にBMG と契約。 コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージックの道へと進出し、音楽活動を本格的に再始動させる。2014年6月にセカンド・アルバム『Hope in Front of Me』をリリース。ビルボードトップ・クリスチャン・アルバム・チャートの1位に初登場した。また同アルバムからの第一弾シングルとなる『Hope in Front of Me』も、2014年8月にクリスチャン・チャートの1位に上昇し、ともに自身初となるビルボードのナンバーワンヒットを記録した。

音楽以外の活動[編集]

亡きソフィアの名を冠した慈善団体の代表をつとめ、様々な支援活動を行っている。 現在は再婚し、子供をもうけている。自伝も発表している。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • My Best Days (2010年)
  • Hope in Front of Me (2014年)

シングル[編集]


脚注[編集]

  1. ^ The Boot.com - Danny Gokey Follows Randy Travis' Advice、2010年2月16日、2010年7月4日閲覧。
  2. ^ 脱落が決定した出場者を、審査員がTop5ウィークまでの間に1人だけ脱落から救う事の出来る権利『Judges Save』がTop7ウィークで使用された為、その翌週は再び7人の出場者が審査に挑む形となった。この権利が使用されると、翌週の審査では2人の出場者が脱落する。シーズン8で初めて採用された新ルールである。American Idol、2010年7月4日閲覧。
  3. ^ 1946年1月に、サイ・オリバートミー・ドーシーによってレコーディングされたのが最初であるが、ヒットには繋がらなかった。しかしその後、サラ・ヴォーンレイ・チャールズフランク・シナトラ他、数多くのアーティストがこの曲をカバー、今ではスタンダード・ナンバーのひとつとなっている。
  4. ^ Sony Music Nashville - Danny Gokey Makes Chart History with Debut Album !、2010年3月10日、2010年6月25日閲覧。


外部リンク[編集]