ダニング=クルーガー効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダニング=クルーガー効果: Dunning–Kruger effect)とは、未熟あるいは能力の低い個人が、自らの容姿や発言・行動などを実際よりも高く評価してしまう認知バイアス。自己の「愚かしさ」を認識することのメタ認知(公正かつ冷静な振り返り)ができないことによって生じる[1]

コーネル大学デビッド・ダニングジャスティン・クルーガーは、「高い能力を持った人物の誤較正は、他者に関して見誤ることに起因する。一方、無能な人物の誤較正(実際の能力の過大または過小評価)は、自己に関して見誤ることに起因する。 (the miscalibration of the incompetent stems from an error about the self, whereas the miscalibration of the highly competent stems from an error about others)」、と結論付けている[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Morris, Errol (2010年6月20日). “The Anosognosic's Dilemma: Something's Wrong but You'll Never Know What It Is (Part 1)”. New York Times. http://opinionator.blogs.nytimes.com/2010/06/20/the-anosognosics-dilemma-1/ 2011年3月7日閲覧。 
  2. ^ Kruger, Justin; Dunning, David (1999). "Unskilled and Unaware of It: How Difficulties in Recognizing One's Own Incompetence Lead to Inflated Self-Assessments". Journal of Personality and Social Psychology 77 (6): 1121–34. doi:10.1037/0022-3514.77.6.1121. PMID 10626367. CiteSeerX: 10.1.1.64.2655. 

関連項目[編集]