ダニング=クルーガー効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダニング=クルーガー効果: Dunning–Kruger effect)とは、未熟な個人が自己の能力に実際よりも高い評価を与える認知バイアス。自己の「愚かしさ」を認識することのメタ認知ができないことに生じる[1]

コーネル大学デビッド・ダニングジャスティン・クルーガーは、「高い能力を持った人物の誤較正は、他者に関して見誤ることに起因する。一方、無能な人物の誤較正は、自己に関して見誤ることに起因する。 (the miscalibration of the incompetent stems from an error about the self, whereas the miscalibration of the highly competent stems from an error about others)」、と結論付けている[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Morris, Errol (2010年6月20日). “The Anosognosic's Dilemma: Something's Wrong but You'll Never Know What It Is (Part 1)”. New York Times. http://opinionator.blogs.nytimes.com/2010/06/20/the-anosognosics-dilemma-1/ 2011年3月7日閲覧。 
  2. ^ Kruger, Justin; Dunning, David (1999). “Unskilled and Unaware of It: How Difficulties in Recognizing One's Own Incompetence Lead to Inflated Self-Assessments”. Journal of Personality and Social Psychology 77 (6): 1121–34. doi:10.1037/0022-3514.77.6.1121. PMID 10626367. CiteSeerX: 10.1.1.64.2655. 

関連項目[編集]