ダニエル・W・ヴォーヒーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・W・ヴォーヒーズ
Daniel W. Voorhees
Sen Daniel W Voorhees 04790r.jpg
生年月日 1827年9月26日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州バトラー郡リバティ郡区
没年月日 1897年4月10日(69歳)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
出身校 インディアナ・アシュベリー大学
所属政党 民主党

アメリカ合衆国上院議員
任期 1877年11月6日 - 1897年3月4日
テンプレートを表示

ダニエル・ウルゼイ・ヴォーヒーズ英語: Daniel Wolsey Voorhees1827年9月26日 - 1897年4月10日)は、アメリカ合衆国政治家民主党所属のインディアナ州選出上院議員。南北戦争期には反戦主義のコッパーヘッド英語版であった。

生涯[編集]

オランダ系の父スティーヴン・ピーター・ヴォーヒーズ、アイルランド系の母レイチェル・エリオット[1]の間に、オハイオ州バトラー郡リバティ郡区で生まれた。幼少時代にインディアナ州フォンテイン郡、ヴィーダーズバーグ近くに転居した。1849年にインディアナ・アシュベリー大学(現在のデポー大学)を卒業した。1850年に法曹界入りしコヴィントンで弁護士を開業、1857年にテレハウトに転居した。

1858年から1861年までインディアナ州の検察官を務め、1861年から1866年および1869年から1873年まで民主党からの連邦下院議員を務めた。1877年から1897年までは上院議員を務めた。南北戦争の間、彼はコッパーヘッドとして反戦を唱え、おそらくはゴールデン・サークル騎士団に所属していた。しかしながらクレメント・ヴァランディガムの様な急進主義ではなかった。

参考図書[編集]

  • Stampp, Kenneth M. Indiana Politics during the Civil War (1949)
  • Voorhees, Daniel. Forty Years of Oratory (2 vols., Indianapolis, Indiana, 1898), edited by his three sons and his daughter, Harriet C. Voorhees, and with a biographical sketch by T. B. Long.

参照[編集]

  1. ^ International Genealogical Index, The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, copyright c. 1980, 1997

外部リンク[編集]

議会
先代:
オリヴァー・H・P・モートン
インディアナ州選出上院議員(第3部)
1877年 - 1897年
同職:ジョゼフ・E・マクドナルド, ベンジャミン・ハリソン, デヴィッド・ターピー
次代:
チャールズ・W・フェアバンクス
公職
先代:
ジャスティン・モリル
バーモント州
上院財政委員会委員長
1893年 - 1895年
次代:
ジャスティン・モリル
バーモント州