ダニエル・J・ブーアスティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・ジョセフ・ブーアスティン
Daniel Joseph Boorstin
生誕 1914年10月1日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州
死没 2004年2月28日
職業 作家歴史家
テンプレートを表示

ダニエル・J・ブーアスティン(Daniel Joseph Boorstin, ダニエル・ジョセフ・ブーアスティン、1914年10月1日 - 2004年2月28日)は、アメリカ合衆国作家学者歴史家

プロフィール[編集]

アメリカ南部のジョージア州アトランタのユダヤ人の法律家の家庭に生まれ、ハ-ヴァ-ド大学を卒業後、ロ-ズ奨学生としてオックスフォ-ド大学で学び、イェール大学博士号を取得した。その後シカゴ大学の教授を25年に渡り務め、他にもスミソニアン博物館国立アメリカ歴史博物館の館長や、アメリカ連邦議会図書館長などの要職を兼任した。

大量消費社会の弊害を指摘した「Democracy and Its Discontents: Reflections on Everyday America」(邦題:「過剰化社会―豊かさへの不満」) や、マスコミや広告業界の欺瞞を鋭く指摘した「The Image: A Guide to Pseudo-events in America」(邦題:「幻影の時代―マスコミが製造する事実」)など生涯で20作以上に渡る著書を書きあげ、そのいくつかはベストセラーとなった。1974年には「The Americans: The Democratic Experience」でピューリッツアー賞を受賞した。2004年に死去した。

主な著書[編集]

  • 「The Image: A Guide to Pseudo-events in America」(邦題:「幻影の時代―マスコミが製造する事実」 1962年)
  • 「Democracy and Its Discontents: Reflections on Everyday America」(邦題:「過剰化社会―豊かさへの不満」 1974年)
  • 「The Discoverers」(邦題:「大発見」 1983年)
  • 高橋健次訳 『アメリカ人が知らなかったアメリカ』 集英社 1991年 ISBN 4-08-773139-1

原題 "Hidden History"

授賞[編集]

関連項目[編集]