ダニエル・パイプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Daniel Pipes LF.JPG

ダニエル・パイプス(Daniel Pipes、1949年9月9日 - )は、アメリカの中東イスラム研究者政治評論家。中東フォーラムおよびキャンパス・ウォッチの創設者であり、雑誌『ミドル・イースト・クォータリー』編集委員。父はロシア研究者のリチャード・パイプス

マサチューセッツ州ボストンでユダヤ系ポーランド人の家庭に生まれる。ハーバード大学に進学し、当初数学を専攻していたが、歴史学に関心を移し、アラビア語と中東史を学んだ。大学卒業後、2年間カイロに渡り、コーランの研究を進めた。帰国後、ハーバード大学大学院に進学し、1978年に中世イスラム史の研究で博士号を取得した。その後、エジプトなどで在外研究を行う間に、研究対象を現代の中東研究に移した。シカゴ大学(1978年-1982年)、ハーバード大学(1983年-1984年)、アメリカ海軍大学(1984年-1986年)で教鞭をとったほか、1983年にはアメリカ国務省政策企画室スタッフとして勤務した。1986年からアカデミズムの世界を離れて、1993年まで外交政策研究所(Foreign Policy Research Institute)所長を務めた。1990年に中東フォーラム、2002年にはキャンパス・ウォッチを設立した。

著書[編集]

  • Slave soldiers and Islam: the genesis of a military system, Yale University Press, 1981.
  • In the path of God: Islam and political power, Basic Books, 1983.
  • The long shadow: culture and politics in the Middle East, Transaction Publishers, 1989.
  • Greater Syria: the history of an ambition, Oxford University Press, 1990.
  • The Rushdie affair: the novel, the Ayatollah, and the West, Carol Pub. Group, 1990,
  • The hidden hand: Middle East fears of conspiracy, St. Martin's Press, 1996.
  • Conspiracy: how the paranoid style flourishes and where it comes from, Free Press, 1997.
  • Militant Islam reaches America, W. W. Norton, 2002.
  • Miniatures: views of Islamic and Middle Eastern politics, Transaciton Publishers, 2004.

編著[編集]

  • Friendly tyrants: an American dilemma, edited by Daniel Pipes and Ad am Garfinkle, Macmillan, 1991,
  • Sandstorm: Middle East conflicts & America, edited by Daniel Pipes, University Press of America, 1993.