ダニエル・ドレズナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダニエル・ドレズナー(Daniel W. Drezner、1968年8月28日-)は、米国政治学者タフツ大学フレッチャースクール教授。専門は、国際政治学

ニューヨーク州スラキュース生まれ。1990年ウィリアムズ大学卒業。スタンフォード大学に進学し、修士号および博士号取得。コロラド大学シカゴ大学での助教授を経て、2006年から現職。

著書[編集]

単著[編集]

  • The sanctions paradox: economic statecraft and international relations, Cambridge University Press, 1999.
  • U.S. trade strategy: free versus fair, Council on Foreign Relations, 2006.
  • All politics is global: explaining international regulatory regimes, Princeton University Press, 2007.
  • Theories of international politics and zombies, Princeton University Press, 2011.
谷口功一山田高敬訳『ゾンビ襲来――国際政治理論で、その日に備える』白水社、2012年。

編著[編集]

  • Locating the proper authorities: the interaction of domestic and international institutions, edited by Daniel W. Drezner, University of Michigan Press, 2003.
  • Avoiding trivia: the role of strategic planning in American foreign policy, edited by Daniel W. Drezner, Brookings Institution Press, 2009.

外部リンク[編集]