ダニエル・ジェゴフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Danièle Gégauff
ダニエル・ジェゴフ
本名 ダニエル・ジェゴフ=ローゼンクランツ
Danièle Gégauff-Rosencranz
別名義 ダニエル・ローゼンクランツ
Danièle Rosencranz
生年月日 不詳年
没年月日 2007年
職業 女優映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1971年 -
活動内容 1971年 プロデューサーとなる
1975年 映画に主演、女優となる
配偶者 ポール・ジェゴフ (離婚)
著名な家族 クレマンス・ジェゴフ
主な作品
出演
お楽しみ
ノロワ
プロデュース
アウト・ワン
バクスター、ヴェラ・バクスター
愛のめぐりあい

ダニエル・ジェゴフDanièle Gégauff)は、フランスの女優映画プロデューサーである。出生名はダニエル・ローゼンクランツDanièle Rosencranz)、本名はポール・ジェゴフと結婚後は離婚後もダニエル・ジェゴフ=ローゼンクランツDanièle Gégauff-Rosencranz)である。

人物・来歴[編集]

生年生地不明。

フランスのヌーヴェルヴァーグの脚本家、娯楽小説の作家として知られるポール・ジェゴフと結婚し、一女クレマンスをもうける。

1971年(昭和46年)、ダニエル・ジェゴフの名で、ジャック・リヴェットシュザンヌ・シフマンと共同で監督した12時間を越える大作『アウト・ワン』のプロデューサーを務める。

1975年(昭和50年)、クロード・シャブロルが監督し、夫のポールが脚本を書いた『お楽しみ』に、ポール、娘のクレマンスとともにヌードシーンをものともせず出演し、主演する。その後ポールと離婚、1976年(昭和51年)、ジャック・リヴェット監督の『デュエル』の製作主任を務め、旧姓の「ダニエル・ローゼンクランツ」名義でクレジットされる。同年、リヴェット監督の『ノロワ』に準主役級で出演する。

1977年(昭和52年)、マルグリット・デュラス監督の『バクスター、ヴェラ・バクスター』をプロデュースしてからは、ジェゴフ名義に戻る。1981年(昭和56年)、リヴェット監督の『メリー・ゴー・ラウンド』にもジェゴフ名義で出演した。1983年(昭和58年)12月24日、前夫ポール・ジェゴフがノルウェーで再婚相手に殺された[1]

その後も、ダニエル・ジェゴフ=ローゼンクランツ等の名義で、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の『愛のめぐりあい』(1995年)、『エロスの誘惑 - 危険な道筋』(オムニバス愛の神、エロス』の一篇、2004年)でエグゼクティヴプロデューサーを務めている。

フィルモグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ filmreference.com サイト内の記事「Paul GÉGAUFF」リンク先の記述を参照。

外部リンク[編集]