ダニエル・カン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダニエル・マリナス・カンDaniel Marinus Kan)は、イスラエル出身の数学者マサチューセッツ工科大学名誉教授圏論におけるカン拡張の概念を発表した。

略歴[編集]

1955年ヘブライ大学から博士号(サミュエル・アイレンベルグ教授)、1960年代前半よりマサチューセッツ工科大学で教鞭をとった。1958年随伴関手を発見、1960年にカン拡張を発表した。また、トポロジーの分野でカンファイブレーションの概念を創始した。

参考文献[編集]

  • Daniel M. Kan. A combinatorial definition of homotopy groups. Ann. of Math. (2) , 67:282–312, 1958.
  • Daniel M. Kan. On homotopy theory and c.s.s. groups. Ann. of Math. (2) , 68:38–53, 1958.

外部リンク[編集]