ダニエル・エストラーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・エストラーダ
基本情報
本名 ペドロ・ダニエル・エストラーダ・エスピティア
通称 Tremendo(驚異的な男)
階級 ライト級
身長 179cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1985年5月4日(29歳)
出身地 メキシコシティ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 36
勝ち 32
KO勝ち 24
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

ダニエル・エストラーダDaniel Estrada 、男性、1985年5月4日 - )は、メキシコプロボクサー。現WBC世界ライト級シルバー王者。 メキシコシティ出身。

来歴[編集]

2004年6月5日、プロデビューを果たし4回判定勝ちで白星でデビューを飾った。

2005年7月20日、ホセ・エリミオ・ペレアと対戦し4回1-2の判定負けでキャリア初黒星がついた。

無敗をキープし2009年2月20日、ホエル・オルテガとCABOFEカリブライト級王座決定戦を行い8回TKO勝ちで王座獲得に成功した。

その後2度防衛し2009年9月15日、カルロス・ラモン・マイレアとWBC世界ライト級ユース王座決定戦を行い3回KO勝ちで王座獲得に成功した。

ユース暫定王座から正規王座に昇格し3度防衛したエストラーダは2度CABOFE王座も防衛に成功し勢いに乗って2010年9月11日、レイエス・サンチェスとWBC世界ライト級シルバー王座決定戦を行い12回1-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2011年3月11日、アルツロ・ゴメスとWBCアメリカ大陸ライト級王座決定戦を行い7回3-0の負傷判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年9月24日、レネ・ゴンサレスとFECARBOX中米ライト級王座決定戦を行い11回終了時棄権で王座獲得に成功した。

2012年8月11日、アドリアン・バルデホとWBC世界ライト級シルバー王座決定戦を行い11回29秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2012年11月24日、荒川仁人と対戦し左目を腫らしながらもなんとか戦うも10回終了時に負傷判定になり3-0(2者が98-92、99-91)の判定勝ちで初防衛に成功した。試合後WBCが荒川陣営の不服申し立てを受けてリマッチを行うように指令を出したがエストラーダが拒否したためランキングも2位に降格する処分を下した。

2013年4月19日、イサイス・サントス・サンパイオと対戦し6回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。

2014年8月16日、スタブハブ・センターショーン・ポーターVSケル・ブルックの前座でWBC世界ライト級王者オマール・フィゲロアと対戦するが、9回1分TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[1]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フィゲロア9回TKO勝ち、WBCライト級タイトル戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月8月17日

外部リンク[編集]