ダニエラ・クルコウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
女子 柔道
世界柔道選手権
2003 大阪 63kg級

ダニエラ・クルコウェル(Daniela Yael Krukower、1975年1月6日- )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の柔道選手。階級は63kg級。身長175cm[1]

人物[編集]

ブエノスアイレスユダヤ人家庭に生まれて、柔道は5歳の時に始めた。その後イスラエル移住してジュニアのチャンピオンにもなるが14歳頃に一旦やめて、テニストライアスロン陸上競技走高跳などを始める。走高跳ではジュニアチャンピオンにもなった。その後、柔道を再開して活躍していたが、イスラエル柔道連盟がライバル選手を優遇しているのではないかとその処遇に不満を抱くようになり、1999年には出生国のアルゼンチンに帰化することとなった[2][3]。2000年のシドニーオリンピックには70kg級で出場したが2回戦で敗れた。2003年の世界選手権63kg級では、決勝でキューバドリュリス・ゴンサレス谷落で一本勝ちして、アルゼンチンの選手として初めて世界チャンピオンになった。2004年のアテネオリンピックでは、準決勝で谷本歩実袖釣込腰で技ありを取られた際に腕を負傷して棄権負けとなり5位に終わった。2008年の北京オリンピックでは2回戦で敗れた。

主な戦績[編集]

66kg級での戦績

63kg級での戦績

脚注[編集]

外部リンク[編集]