ダナ 152mm自走榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DANA 152mm自走榴弾砲
Wz. 1977 Dana.JPG
基礎データ
全長 10.5m
全幅 2.8m
全高 2.6m
重量 23t
乗員数 4~5名
装甲・武装
装甲 mm
主武装 152mm榴弾砲
副武装 12.7mm機関銃x1挺
機動力
整地速度 80km/h
不整地速度 50km/h
エンジン タトラT930-34 V型12気筒空冷ディーゼル
345hp
懸架・駆動 8x8
行動距離 600km
出力重量比 hp/t
テンプレートを表示

ダナ自走榴弾砲ShKH-77(チェコ語: samohybná kanónová houfnice vz. 77:1977年型自走式加農榴弾砲)は、チェコスロバキアが1977年に設計した152mm自走榴弾砲である。

開発[編集]

1970年代、チェコスロバキアは火力支援用の新型自走榴弾砲を必要としていた。ソ連から2S3アカーツィヤを導入するという選択肢は自国の産業の保護という面から見て望ましいものでは無く、自国製のタトラ815トラックを土台にして独自に設計開発することを決定し、1981年に実戦配備され、1994年までに750両が製造された。

チェコでは、将来的にT-72戦車の車体を基に開発された新型の155mm自走榴弾砲に更新する予定である。

概要[編集]

上記のとおり、このダナ自走榴弾砲の最大の特徴は、世界で初めての装輪式自走榴弾砲という点である。これにより、不整地走破能力は装軌式よりやや劣るが、整地での速度と長距離自走が可能となった分戦略的機動力が向上した。

車両の構造は、前部に運転席、中央部に砲塔、後部にエンジンという一般的なものである。運転席部分は戦闘時には防弾板で覆うことが可能であり、砲塔には自動装填装置が装備されている。

乗員の配置は、前部の運転席に運転手と車長、砲塔の左側に砲手と装填手、砲塔右側に弾薬運搬手が搭乗する。

派生型[編集]

  • ズザナ 155mm自走榴弾砲 - スロバキア製の派生型。スロバキアが自国の保有するダナ自走榴弾砲の主砲をNATOスタンダードの155mm榴弾砲に換装するなどNATO規格に合致させたものであり、スロバキア軍は1998年に最初の16両を受領し、2010年までに更新を完了する予定。

採用国[編集]

グルジア陸軍のダナ自走榴弾砲
408両
チェコ陸軍 - 273両(2008年 164両)
リビア陸軍 - 120両
ポーランド陸軍 - 111両
スロバキア陸軍 - 135両
グルジア陸軍 - 47両

関連項目[編集]