ダディー・ヤンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダディー・ヤンキー
ダディー・ヤンキー}
ダディー・ヤンキー
基本情報
出生名 ラモン・ルイス・アヤラ・ロドリゲス[1]
別名 "The Big Boss"
"El Jefe"
"El Cangri"[2]
"Winchesta 30-30"[3](1990年代から2000年代前半)
出生 1977年2月3日(37歳)[4]
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ サンフアン
ジャンル レゲエポップ
職業 シンガーソングライター俳優[5]音楽プロデューサーエグゼクティブ・プロデューサー[6]アナウンサー[7]篤志家[8]実業家[9]
担当楽器 ボーカル
ドラム
ピアノ
ギター
活動期間 1988 -
公式サイト www.daddyyankee.com

{{{Influences}}}

ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee、1977年2月3日-)は、プエルトリコサンフアン出身のアーティストである。本名はラモン・ルイス・アヤラ・ロドリゲス(Ramón Luis Ayala Rodríguez)。[1]

プロフィール[編集]

2004年にシングル「Gasolina」がスペイン語曲というハンデを押しのけて全米で大ヒット(米32位)、この曲を収録したアルバム『Barrio Fino』はミリオンセラーとなる大成功を収める。N.O.R.E.の「Oye Mi Canto」(ダディー・ヤンキーもフィーチャリング参加)と共に全米でレゲトンブームが巻き起こる原動力となった。2005年に入ると日本やヨーロッパなどの非ラテン圏も含めた国際的なヒットにまで成長する。

ちなみに野球選手のマーク・クルーン横浜ベイスターズに在籍していた2005年に登場テーマ曲に「Gasolina」を使用していた。この他に元中日ドラゴンズルイス・マルティネスドミニカ共和国出身)や元北海道日本ハムファイターズホセ・マシーアスパナマ共和国出身)等、ラテンアメリカ出身の選手の登場テーマ曲として人気があった。この他に総合格闘家山本"KID"徳郁も2005年頃に登場テーマ曲に「Gasolina」を使用していた。

2006年春にはリーボックからシグニチャーモデルのスニーカーが発売されている。またこの年にリリースされたシングル「Rompe」(米24位)もヒットした。2007年のアルバム『El Cartel: The Big Boss』は全米アルバムチャートで初のTop10入り(9位)も達成している。

2005年8月には「MTV Video Music Award 2005』で同じくレゲトンを代表するアーティストのテゴ・カルデロンドン・オマールと初共演を果たした。

尚、2009年2010年オープン戦では千葉ロッテマリーンズ井口資仁が登場テーマ曲に「Impacto」を使用していた。


ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

  • 1995年: No Mercy
  • 2002年: El Cangri.com
  • 2004年: Barrio Fino
  • 2007年: El Cartel: The Big Boss
  • 2010年: Mundial
  • 2012年: Prestige

ミックステープ[編集]

  • 1998年: El Cartel
  • 2001年: El Cartel II
  • 2004年: The Kings of New York

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b The Boss is Back: Daddy Yankee Returns to his Roots” (英語). LatinRapper.com (2007年5月22日). 2013年6月18日閲覧。
  2. ^ Daddy Yankee reparte amor en mil idiomas” (スペイン語) (2011年3月24日). 2013年6月18日閲覧。
  3. ^ Por qué a Daddy Yankee lo llamaban Winchester 30-30” (スペイン語) (2008年6月28日). 2013年6月18日閲覧。
  4. ^ https://itunes.apple.com/mx/artist/daddy-yankee/id25514958?ign-mpt=uo%3D4
  5. ^ Peopleenespanol.com-Daddy Yankee, nace un actor” (スペイン語) (2008年7月24日). 2013年6月18日閲覧。
  6. ^ peopleenespanol.com: “Daddy Yankee producirá musical de Celia Cruz” (スペイン語) (2008年8月23日). 2013年6月18日閲覧。
  7. ^ caracol.com: “Daddy Yankee debuta como locutor en 'On fuego'” (スペイン語) (2006年2月20日). 2013年6月18日閲覧。
  8. ^ terra.com: “Daddy Yankee no se considera político, sólo filántropo” (スペイン語) (2009年11月22日). 2013年6月18日閲覧。
  9. ^ terra.com: “Daddy Yankee expande sus dominios” (スペイン語) (2008年3月7日). 2013年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]