ダックバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダックバーグDuckburg)は、ディズニーのコミックブックおよびアニメ作品に登場する架空の都市で、ドナルド・ダックスクルージ・マクダックヒューイ・デューイ・ルーイデイジーダックたちが住んでいる。 この街は1944年のカール・バークスによる漫画Walt Disney's Comics and Storiesの #49で初めて言及された。

歴史[編集]

ダックバーグという街は、バークスや、現在もダックシリーズの漫画を制作しているドン・ローザといった多くの漫画家たちによって描かれてきた。 ダックバーグという街はもともと、16世紀にイギリスの開拓者フランシス・ドレークによって建てられた城砦"Fort Drake Borough"だった。なお、ドレークという名前はオスのアヒルを表し、 "borough"は"burg"の類義語である。

19世紀、それまでそこにいたイギリス人に代わって定着したw:Cornelius Cootによって現在の名前となった。 その後も静かで小さな町だったが、裕福な実業家スクルージ・マクダックがCornelius Cootの子孫w:Clinton Cootから古い砦を買い取って巨大金庫の建設を始め、ダックバーグとその周辺で様々な事業を展開したことで人口が増え、数十年の間に小さな町から大きな都市へと変貌した。 カリソタ州の中でもっとも大きな都市ではあるが、州庁や立法機関などの言及がないことから州都ではない。 また、ダックバーグに市長とおぼしき人はいるが、都市国家ではない。 ダックバーグ大使館について言及された回は少なくとも1つはあることから、ダックバーグは法的にはアメリカ合衆国の枠外にある。バークスによる大使館を扱った回には、緑地に白いあひるが描かれたダックバーグの旗があった。

カリソタ州には、グーズタウンという街があり、ダックバーグとは長い間ライバル関係にある。

備考[編集]