ダックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダックス(Dax)は、SFドラマ『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』に登場する架空の生物。

概要[編集]

トリル星の共生生物であり、選ばれたトリル人の「ホスト」と「合体」する(体内に移植される)ことによって新たな人格を形成し、また歴代のホストが身につけた知識や経験(そして人格までも)を貯えて新たにホストになった者と共有していく。ダックスは共生生物の中でも長生きしている方であり、これまでに9人のホストと合体している(第120話「末裔の星」によるとその後も200年以上生き続けている)。ホストの言動を通じてその存在は常に示されているが、共生生物本体が画面上に登場したことは数回しかない。

歴代のホスト[編集]

正史のホスト[編集]

  1. リラ・ダックス - 女性。トリル立法府の議員。アージャスという息子がいた。
  2. トビン・ダックス - 男性。数学者にして技術者。内向的な性格で緊張すると爪を噛む癖がある。
  3. エモニー・ダックス - 女性。体操選手。レナード・マッコイと交際した事もある。
  4. オウドリッド・ダックス - 女性。合体審査理事会の理事長であり、二人の子供の母親。
  5. トライアス・ダックス - 男性。宇宙船パイロットであったが、シャトルの新型エンジンをテスト中の事故により死亡。妻のニラーニ・カーンも合体者であった。
  6. ジョラン・ダックス - 男性。音楽家だが精神的に問題があり、殺人を犯した。このためジョランの人格と記憶は封印され、ダックスとの合体についてトリルの公式記録では伏せられていた。そのためジャッジアもDS9第50話で彼の幻影をみるまで、存在を知らなかった。第163話にも死後の幻影として登場。
  7. クルゾン・ダックス - 男性。宇宙艦隊士官であり外交官。腕っ節が強く豪放磊落、いたずら好きで女たらしだがカリスマ性を持った有能な人物。ベンジャミン・シスコが艦隊士官になりたての若造の頃からの親友であり、彼に艦隊士官のなんたるかを叩き込んだ。シスコからは「親父さん」と呼ばれている。駆け引きがうまく、トンゴの腕はフェレンギ人が舌を巻くほど。クリンゴン人の文化にも造詣が深い。
  8. ジャッジア・ダックス
  9. エズリ・ダックス

その他のホスト[編集]

  • ベラード・ダックス
DS9第24話に登場。合体審査理事会からホストとして不適格と判断された男性。ディープ・スペース・ナインを襲い、ジャッジアからダックスを奪って強引に合体したが、最終的に合体を解かれた。なおこの時脅迫を手伝ったクリンゴン人は、VOYでトゥヴォックを演じたティム・ラスである。
  • イェドリン・ダックス
DS9第120話に登場。ガンマ宇宙域のある惑星に不時着したU.S.S.ディファイアント乗員の子孫の1人で、ジャッジアから数えて3代後のホスト。男性。ただし、タイムパラドックスにより、彼と彼に至るホストは存在しなかったことになった。