ダッカ近郊ビル崩落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダッカ近郊ビル崩落事故
Dhaka Savar Building Collapse.jpg
崩壊した「ラナ・プラザ」ビル
場所 シャバール(サバール、en:Savar Upazila)、ダッカ北西約20km
座標 北緯23度50分46秒 東経90度15分27秒 / 北緯23.84611度 東経90.25750度 / 23.84611; 90.25750座標: 北緯23度50分46秒 東経90度15分27秒 / 北緯23.84611度 東経90.25750度 / 23.84611; 90.25750
日付 2013年4月24日
8時45分(バングラデシュ標準時) –
死亡者 1,127人[1]
負傷者 2,500人以上[2]
崩壊したビルの一部
生存者を崩落したビルから運び出す様子

ダッカ近郊ビル崩落事故(ダッカきんこうビルほうらくじこ)は、2013年4月24日(現地時間)、バングラデシュの首都ダッカ北西約20kmにあるシャバール(サバール、en:Savar Upazila、人口約140万人)で、8階建ての商業ビル「ラナ・プラザ」が崩壊した事故である[3]。死者1,127人、負傷者2,500人以上の大惨事になった。このビルには縫製工場、銀行、商店などが入居していたが、朝のラッシュアワーに事故が重なり被害が大きくなった。事故前日に当該ビルの亀裂が発見され、ビルの使用を中止するように警告がされていたが、それはビルのオーナーらに無視された[4]。なお28日までにビル所有者、工場経営者などは逮捕された。

事故後の28日には、当局は生存者捜索の打切りを決定し、重機によるがれきの撤去作業を開始。29日までの死者確認数は約400人。ただ重機投入後に建物崩壊により犠牲者数が増えたとの指摘もある[5]。事故発生17日目の5月10日には3階の残骸部分から女性1人が救出された。

同国調査官による初期調査によれば、上層部に設置された4基の大型発電機の振動が数千台のミシンの振動と一緒になり、崩壊を誘発したという[6]。また建物は正規の許可手続きなしに建築され、5階以上の3階部分は違法に建増しされていたという。

バングラデシュ史上最悪の産業事故、労働災害となった。グローバル展開する欧米や日本の大手衣料品業者が、同国の劣悪な労働環境や安価な労働力に依存して利益を上げている状況が浮き彫りとなり、論議を呼んだ。事故後1年を経過し、被害者への補償の遅れなど課題が残されている[7][8][9]

脚注[編集]

[ヘルプ]