ダチア・サンデロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダチア・サンデロ (Dacia Sandero) は、ルノー傘下のルーマニアの自動車メーカー、ダチアが製造・販売する小型ハッチバックである。ロシア南アフリカ、南米市場ではルノー・サンデロとして販売される。

歴史[編集]

初代 (2008年-2012年)[編集]

ダチア・サンデロ (初代)
Dacia Sandero a Wissembourg.JPG
Dacia Sandero 1.4 MPI Ambiance Platingrau Heck.JPG
販売期間 2008年 - 2012年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン 1.4L MPi
1.6L MPi
1.5dCi
1.0L Flex
1.6L Flex
駆動方式 FF
全長 4,020mm
全幅 1,750mm
全高 1,534mm
ホイールベース 2,590mm
車両重量 975-980kg
別名 ルノー・サンデロ
-自動車のスペック表-

ロガンと同じB0プラットフォームをベースに開発された小型ハッチバックで、発表は2007年9月のフランクフルトモーターショー。正式な市場デビューは同年12月のブラジルで、これはルノー初の欧州外市場デビューとなった。ロガンに比べるとホイールベースが短くなっている。ルノーブランド版はブラジル工場で生産され、そこから他の南米諸国に輸出もされている。ダチア・ブランドでの販売はヨーロッパにおいて2008年6月3日から行われ、ルーマニアピテシュティにて生産される。その他にコロンビアエンヴィガード、ロシア・モスクワモロッコカサブランカ、南アフリカ・プレトリアでも生産される。 ダチア・ブランドは南米諸国においての認知度がかなり低いため、南米諸国では既にブランドを確立しているルノー・ブランドでの投入となった。ダチア版とルノー版との違いはエンジンやフロントグリルなどごく小規模に留まる。

2008年10月にはブラジルにおいてサンデロ・ステップウェイが設定された。ステップウェイはサンデロをベースにクロスオーバーSUV風に仕立てたモデルである。バイオエタノール対応の1.0Lおよび1.6L 16バルブエンジンを搭載する。

2011年5月、ブラジルにおいてルノー・サンデロおよびサンデロ・ステップウェイのフェイスリフト版が発表された[1]

2代目 (2012年-)[編集]

ダチア・サンデロ (2代目)
販売期間 2012年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン 0.9L ターボ
1.2L 16V
1.2L 16V LPG
1.5L dCi
駆動方式 FF
全長 4,057mm
4,080mm
全幅 1,733mm
1,757mm
全高 1,523mm
1,533mm
ホイールベース 2,590mm
車両重量 1,016 - 1,237kg
別名 ルノー・サンデロ
-自動車のスペック表-

2012年9月のパリ・モーターショーにてステップウェイ仕様と共に発表。ルーマニアでは翌月から注文が受付られ、この2代目からは右ハンドルのイギリス市場にも投入された。


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Renault muda visual do Sandero, seu líder de vendas, que parte de R$ 28.700”. UOL Carros (2011年5月9日). 2011年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]