ダスティン・アクリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダスティン・アクリー
Dustin Ackley
シアトル・マリナーズ #13
Dustin Ackley on March 28, 2012.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム
生年月日 1988年2月26日(26歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手外野手
プロ入り 2009年 MLBドラフト1巡目(全体2位)
初出場 2011年6月17日
年俸 $2,700,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダスティン・マイケル・アクリーDustin Michael Ackley, 1988年2月26日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム出身のプロ野球選手内野手外野手)。MLBシアトル・マリナーズに所属。

メディアによっては、アックリーと表記される場合もある。

父親であるジョン・アクリーは、かつてボストン・レッドソックス傘下のAAA級ポータケットなどに所属していたプロ野球選手だったが、結局メジャーには昇格できずに選手生活を終えている[2]

経歴[編集]

ノースカロライナ大学時代は3年連続で打率4割を記録し、通算打率は.412と卓越したバットコントロールを誇った。2009年にはゴールデンスパイク賞の最終選考まで残ったものの[3]スティーブン・ストラスバーグにそれを譲った。

2009年MLBドラフトシアトル・マリナーズから1巡目(全体2位)指名を受け、5年750万ドルの契約を結ぶ。大学入学時は遊撃手で、その後は中堅手へ転向したが、2008年トミー・ジョン手術後、一塁手へコンバートされた。現在は二塁を守っている。

2011年6月17日フィラデルフィア・フィリーズ戦にて、7番セカンドでメジャーデビューを果たす。観客から大歓声を送られて立った第1打席では、2ストライク後にピッチャー返しとなるセンター前ヒットを放ち、メジャー初安打を記録。翌6月18日には、同フィリーズ戦で右翼へメジャー初本塁打を記録した。その後も安定して打ち続け、6月24日以降は5番打者を務め、7月8日以降には3番打者に定着。不安視されていた二塁の守備も無難にこなした。途中までは打率3割前後を残していたが、徹底的なマークに遭ったことやハムストリングを痛めた影響などからシーズン終盤に大きく失速し、打率.273・出塁率.348でシーズンを終えた。90試合の出場ながら三塁打を7本記録し、イチローの持つ新人最多三塁打8本の球団記録にあと1本まで迫った。シーズン終了後、マリナーズのチームMVPに選出された。

2012年は、東京ドームで行なわれたオークランド・アスレチックスとの開幕戦で同年のメジャーリーグ第1号と決勝打を放った[4]。シーズンでは前年を大きく上回る153試合に出場したものの、打率.226、出塁率.294と極度の不振に陥った。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 SEA 90 376 333 39 91 16 7 6 139 36 6 0 0 3 40 1 0 79 3 .273 .348 .417 .766
2012 153 668 607 84 137 22 2 12 199 50 13 3 1 1 59 7 0 124 3 .226 .294 .328 .622
2013 113 427 384 40 97 18 2 4 131 31 2 3 4 1 37 1 1 72 6 .253 .319 .341 .660
通算:3年 356 1471 1324 163 325 56 11 22 469 117 21 6 5 5 136 9 1 275 12 .245 .315 .354 .669
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 13 (2011年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Dustin Ackley Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年10月19日閲覧。
  2. ^ John Ackley Batting Statistics - The Baseball Cube” (英語). 2010年3月15日閲覧。
  3. ^ Player Bio: Dustin Ackley - NORTH CAROLINA OFFICIAL ATHLETIC SITE” (英語). 2010年3月15日閲覧。
  4. ^ アクリー イチの存在感「打つなという雰囲気あった」” (日本語) (2012年3月29日). 2012年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]